ページコンテンツへ

ISO 12189-8, ASTM F1717及びASTM F2706脊椎インプラントの試験

脊椎インプラントは体を支え、補強しています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

脊椎インプラントの試験

 

繰返し圧縮強さ試験(R=0.1)は、5Hzまでの試験周波数で6個の試験片に対して行われます。結果: 最大500万まで亀裂するサイクル数のS-N曲線の生成。これはin vivo状態ので約2年に相当します; 1日約7000サイクル最初の寿命をこれで確認します。

軸方向の引張試験、圧縮試験および曲げ試験に加えて、ASTM F1717-9, ASTM F2706-8 または ISO 12189-08 を含む規格に準拠して、純粋なねじり荷重または複合ねじり荷重を脊椎システムに加えることができます。

  • 脊椎切除術モデルにおける脊椎インプラント構築のためのASTM F1717-9標準試験方法
  • 椎体切除術モデルにおける後頭部 - 頸部および後頭部 - 頸部 - 胸部脊椎インプラント構築のためのASTM F2706-8標準試験方法
  • ISO 12189-8手術用インプラント - 植込み型脊椎デバイスの機械的試験 - 前方サポートを使用した脊椎インプラントアセンブリの疲労試験方法 

これらの試験は、ツビックローエル温度調節液槽を使用して生理学的(in-vivo)条件下(例えば、強化食塩水)で実施することができます。

有限寿命レンジ(高サイクル疲労)および疲労強度への移行レンジ(長寿命疲労)における疲労試験の実用的な統計的評価のために、ツビックローエルは技術科学プログラムSAFD (Statistical Analysis of Fatigue Data) を提供しています。

 

脊椎切除術モデルにおける脊椎インプラント構造の試験

脊椎切除術モデルにおける脊椎インプラント ASTM F1717-9。脊椎インプラントは、通常、ネジとロッドのシステムで構成されており、静的および動的負荷の下で試験されます。

インプラントは超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)製の椎骨置換試験ブロックに取り付けられます。擬似的な椎体の使用は、ヒト材料を使用するものと比較して試験の再現性を高める効果があります。

クロスリンクされたプラスチック製の2つの椎骨置換術試験ブロックによる試験アレンジ

ASTM F1717 は、固定物にねじ止めされた、クロスリンクプラスチック(UHMPWE)製の2つの椎骨置換試験ブロックにおける試験アレンジについて記載しています。サイズとデザインは人体の解剖学的構造に対応しています。この試験は、さまざまなインプラントシステムの比較も容易にします。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top