ページコンテンツへ

ASTM F1800及びISO 14879人工膝関節の脛骨プラトーの疲労試験

インプラントは、摩耗により、または不安定な場合に、完全または部分的に膝関節の役割を果たします。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

ASTM F1800およびISO 14879に準拠した人工膝関節の脛骨プラトーの疲労試験

人間の膝は高い圧縮荷重や動きによって生じる荷重に耐える必要があるため、人工膝関節の脛骨プラトーは最大1000万回の荷重サイクルにさらされることによって試験されます。ASTM F1800及びISO 14879に準拠する疲労試験は、脛骨プラトーの一端に適用される繰返し圧縮荷重下で行われます。 

 è„›éª¨ãƒ—ラトーの半分をクランプ装置で掴み、さらに例えば骨セメント等で固定します。脛骨プラトーのクランプされていない半分は、特定の圧縮ダイを介して加えられる負荷を受けます。ISO 21536 及び ASTM F2083 では 900 Nの試験荷重について記載していますが、もっと高い荷重で行う事もあります。

一体型膝関節用試験冶具

人工膝関節の脛骨プラトー用のツビックローエル試験冶具のベネフィット:

  • ASTM F1800 - 膝関節全置換の金属製脛骨トレイコンポーネントの繰返し疲労試験のための標準的な実践、およびISO 14879 - 膝脛骨トレイの耐久特性の測定に対して簡単に試験が実行でき、かつ規格の要求事項を満たしています。 
  • さまざまな脛骨プラトー形状のユニバーサル試験冶具

脛骨プラトーの疲労試験

HC Compactサーボ油圧試験機を使用したASTMF1800およびISO14879に準拠した脛骨プラトーの疲労試験

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top