ページコンテンツへ

フラットクラッシュ試験(FCT)

DIN EN ISO 3035あるいはTAPPI T 825

フラットクラッシュ試験(FCT)はDIN EN ISO 3035あるいはTAPPI T 825に準拠して実施されます。フラットクラッシュ試験では、単一フルートの段ボール試験片がその表面に対して垂直に負荷されます。段ボールが力に対して示す抵抗は、生産プロセス中および使用中のその挙動を表します。試験中は試験片への負荷が正確に垂直であることが重要です。

特性値曲線

  • 個々のフルートの高さに応じて、最も高いフルートが最初に壊れ、次に真ん中のフルート、試験の最後に残りのフルートが続きます。
  • クラッシュエネルギーと曲線は、存在する可能性のある事前損傷のレベルを示します、これは段ボールが事前損傷を受けた場合、曲線は基本的に異なるためです。
  • 段ボールが事前損傷を受けていた場合、曲線は基本的に異なります。クラッシュエネルギーと曲線は、存在する可能性のある事前損傷のレベルを示します。

ツビックローエルのフラットクラッシュ試験(FCT)

  • 精密ガイド式圧縮プレートは非常に高い横方向の剛性を担保し、再現性のある試験結果を保証します。
  • 圧縮プレートは、リングクラッシュ試験(RCT)、フラットクラッシュ試験(FCT)、エッジクラッシュ試験(ECT)、および段ボール媒体試験(CMT)に適しています。
  • 現代のミニチュアフルートは、10kNを超える力の下でのみ潰れる傾向があり、圧縮プレートに非常に高い横剛性を必要とします。これらのアプリケーションに対してツビックローエルは適切なプレートを用意しています。
  • 円盤カッターが正確な試験片準備に使用されます。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top