ページコンテンツへ

Kappa LA スプリング

100,000時間迄の試験にスプリング機構のレバーアームクリープ試験機 ダウンロード
試験荷重
  • 50から100 kN
温度レンジ
  • -80 to ~+1,200°C
試験タイプ
  • クリープ応力緩和
  • HE
  • CCG
規格
  • ISO 204
  • ASTM E139
  • EN 2002-005
  • ASTM F519
  • ASTM E1457

荷重、ひずみ制御の長期試験に最適な試験機

プレテンションスプリングを備えた多用途のレバーアームクリープ試験システムは、一定または段階的な力を加えた従来のクリープ試験と、最大100,000時間の長期試験用に開発されました。摩耗のない柔軟なジョイントにより、広い負荷範囲で最適なレバーアームの取り付けと正確な力の適用が保証されます。

Kappa LAエスプリングレバーアームクリープ試験機は、室温および高温条件で幅広いアプリケーションを提供します:

  • き裂進展/拡張試験
  • 水素脆性の決定
  • ステップレスおよびブロック荷重試験に対応
  • リラクゼーション試験
  • 破断までのクリープ試験:
    - クリープラプチャー
    - 応力ラプチャー
  • 基本的なクリープ試験

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

マシーンのデザイン
軸アラインメント
高精度な試験片温度
インテリジェントな制御測定装置とソフトウェア
最適な伸び計
幅広いアクセサリー類
将来のテクノロジーへの備え

マシーンのデザイン

  • 100,000時間までの長期クリープ試験用の機械的試験システム
  • プレテンションスプリング、ドライブ、およびツビックローエルの正確なXforceロードセルの組み合わせにより、正確な試験荷重の負荷が約束されます。
  • 1000 Hzの高ドライブ制御周波数このため幅広い試験アプリケーションにたいして荷重、ひずみ制御が可能となります。
  • 特許取得済みの摩耗のない柔軟なジョイントにより、高品質のレバーアームの取り付けが保証されます。
  • 精度0.5級および1級でDIN EN ISO7500-1に準拠した小荷重から大きな荷重まで広い試験力測定レンジ
  • 試験片の破断によって試験は自動で終了します(破断検知)

軸アラインメント

  • ASTM E1012のアラインメント
  • 摩耗のない柔軟なジョイントが、ISO 204、ASTM E139、ASTM E292、およびNADCAPの要件に準拠した軸方向のアライメントをサポートしています。
  • 球形の取り付けにより、引張試験での自動調整アライメントと、規格に準拠した低い曲げ応力(±10%)が保証されます。

高精度な試験片温度

  • ツビックローエルの加熱炉は、クリープ試験用に特別に設計および最適化されています。
  • 高温コントローラーは試験機のベースに統合できるため、スペースを節約できます。
  • 1、2、あるいは3本の試験片熱電対 - 試験片の長さによって
  • 熱電対と加熱炉の自動かつ試験片中心にポジショニング–長い伸びと長時間試験においても
  • 次のような影響要因のための制御パラメータの自動アダプテーションによってオペレーターに依存しない温度制御を確立
    - ヒーティングレートとターゲット温度
    - 試験片サイズ、材料そして形状
    - 熱電対の数
  • 試験片全体にわたって一様な温度分布を保証しています
  • ターゲット温度に到達時に試験片温度のオーバーシューティングはしません
  • 個々の温度の制御パラメータを経験的に決定する必要はもはや必要としません。
  • ISO 204とASTM E139の要求以上の温度範囲と優れた公差::
    200℃...400℃± 2K
    400℃...1,150℃± 1K

インテリジェントな制御測定装置とソフトウェア

  • 一貫したワークフローにより、トレーニングの必要性が最小限に抑えられます
  • ひずみ、荷重制御可能な負荷アプリケーション(ステップレス/ブロック)
  • デジタルクローズドループ荷重、荷重とひずみ制御クリープ試験及びリラクゼーション試験;ユーザー定義の荷重サイクル
  • 試験実施と結果の評価において簡便な操作性
  • 高温コントローラーによる温度制御
  • 試験前(加熱段階)の温度管理、記録および文書化
  • データセキュリティーコンセプトに適った機能

最適な伸び計

信頼性の高いひずみ測定は、試験アプリケーションに最適な伸び計を必要とします。したがって、適切な伸び計の選択は非常に重要であり、再現性のある試験結果の基礎となります。ツビックローエルのエンジニアが、アプリケーションに適した伸び計の選択をサポートし、光学式が正しいのか、接触型伸び計が適しているのかを決定する際の参考としてください。

  • 非接触式伸び計ビデオ伸び計
  • サイドから取り付ける接触タイプの伸び計
    - 高温センサーとマクロ伸び計
    - サイドエントリー伸び計
  • 軸方向からt李付ける接触タイプの伸び計
    - ロッドインチューブ伸び計
    - 4ロッド伸び計
  • き裂進展を測定するDCPD伸び計

さらなる詳細なインフォメーションはこちらから。

幅広いアクセサリー類

マシンアクセサリの幅広い選択により、多くのアプリケーションの可能性がサポートされ、室温、高温、および超高温など1台の試験機で試験が出来ます。

  • 寸法とスロットにより数種類の加熱炉
  • 試験片グリップとロードストリング
  • 接触式と非接触式伸び計
  • 安全扉

将来のテクノロジーへの備え

モジュール単位での設計のため、必要に応じて再取付け、アップ更新変換器行うことができます。さらに、testControl II 制御装置はツビックの将来的にバージョンアップされたソフトウェアとでも使用が出来ます。

テクニカルオーバービュー

クリープ試験に最適なソリューションを用意しています。我々のエキスパートへいつでもコンタクトをしてください。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:Kappa LA スプリング PDF 598 KB
Top