ページコンテンツへ

Kappaクリープ試験機

高温、高圧環境下で使用される材料の有効性評価あるいはプラントのエネルギー効率、タービン技術の向上に有効な試験です。クリープ試験は高温下での新しい材料の開発には欠かせません。ツビックローエルが提供するKappaシリーズの高精度なクリープ試験機はこういった開発を効率的に行うことに役立っています。

  • 従来からのクリープから最先端クリープ試験までワイドな試験ソリューション
  • 様々な環境コンディション、-80~ +2,000℃の温度環境
  • 4本の鋼コラム構造による試験フレームの高い横方向および軸方向の剛性
  • 正確な力、伸び、温度制御を備えたKappaシリーズは、クリープ試験の主要な要件を満たしています。
  • 信頼性の高いtestXpertIII試験ソフトウェアと正確なtestControlII測定および制御機器
  • 世界中で400台以上のインストールの実績

10,000時間迄の電気機械式クリープ試験システム

柔軟な電気機械式クリープ試験機は、最大10,000時間のクリープ試験アプリケーションの全範囲をカバーします。高剛性の試験機は、250 kNの力までのクリープ試験をサポートし、センターリードスクリューかダブルスクリューのタイプを用意しています。

100,000時間迄のレバーアームクリープ試験システム

レバーアーム試験機は、最大100,000時間の試験期間を持つ従来のクリープ試験に最適です。荷重は、最大試験力100 kNまで、自重またはプリテンションスプリングを介して加えられます。

最大10,000時間のマルチクリープ試験システム

Kappa マルチステーションは軸一つ一つを個別に制御できるフレキシブルでコンパクトな電気機械式クリープ試験機です。コストとスペースにおいて効率の高い試験システムは、幅広い試験片材料に理想的であり、プラスチックおよび複合材料のクリープ試験のスペシャリストです。

実際のプロジェクトの例

現在、表示するコンテンツはありません。

Top