ページコンテンツへ

薄いシート及びプラスチックフィルムの試験

プラスチックフィルムは日常生活に欠かせないものとなっています。それらを使って食品を包装し、食料品を店から持ち帰り、温室や畑で栽培された野菜を覆います。フィルム包装は医療工学業界では一般的であり、多くの場合、命を救います。多種多様なフィルムは建設にも使用されています。湿気のバリアは、屋根が漏れないようにし、水が家の壁を傷つけないようにします。洗練されたプラスチックフィルムは、スポーツアリーナを覆うために使用され、建築家に新しい可能性を開きます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

フィルムの試験に関する要求事項

現在のフィルムは、さまざまな特性を持つハイテク製品です。大量生産では、高密度および低密度のPE、PP、PVC、PSなどの費用対効果の高いプラスチックが使用されます。靭性、透過性、耐光性などの特殊な特性が必要な場合は、さまざまなポリエステル、PTFE、ETFEなどの高品質のポリマーが使用されます。EPDMやEVAなどのフィルムは屋根の防水に使用されます。多層フィルムは、強度、ガスやバクテリアに対する不透過性、食品との接触に対する適合性など、さまざまな特性を持っています。

厚さ1 mmまでの薄いシートは、熱成形や圧縮成形などのプロセスによって形成される、パッケージング技術の多くの中空体の構成材料です。

フィルム製造とその下流処理の範囲が広いため、適用可能な試験方法の要件は大きく異なります。試験の目的は、本質的に非常に異なる場合があります。

入荷検査の最初のステップは、原材料の試験です。このステップでは、プラスチック顆粒のメルトインデックス(メルトマスフローレート)を決定します。

2番目のステップでは、押し出しまたはブロー成形プロセス後にプラスチックフィルムを試験を行います。膜厚の試験に加えて、他のさまざまな機械的特性も重要です。これらは、強度、ひずみ、降伏点、およびフィルムの縦方向と横方向の引張弾性率です。靭性も重要であり、衝撃試験によって決定されます。多層フィルムの場合、層間の接着が重要です。

しかし、大事な点は、接着強度、溶接性、接着剤とジョイントの強度など、プロセス中およびプロセス後の他の特性値にもあります。鋭利な物体が包装されている場合、フィルムの耐破壊性が測定されます。摩擦係数を理解することは、包装機やフィルム印刷において興味深いものです。薄いシートやプラスチックフィルムを評価する場合は、光と湿度の変化も重要です。

ツビックローエルのフィルム試験

ツビックローエルの試験システムは、これらの要件に合わせて特別に設計されており、幅広い機械的試験に対応しています。

  • 押し出しプラストメーターは、入荷する商品の材料を特性値を測定します。
  • 万能試験機は、 応力-ひずみ特性、2つの層の間の接着力摩擦係数, 貫通抵抗 及びたわみ特性の値の正確で信頼性の高い測定を提供します。
  • クリープ試験装置は常温及び温度環境下での クリープ挙動 を測定します。
  • 振り子式衝撃試験機は、典型的には 衝撃引張試験において衝撃強度測定します.

引張特性

ISO 527-3, ASTM D882, ASTM D5323
ISO 527-3の規格に準拠したフィルムとシートの引張特性の決定
行先 引張特性

パンクチャー抵抗

ISO 14477 、ASTM F1306
フィルムが包装材料として使用される場合、例えば食品や鋭いエッジを持つ部品の場合、耐穿孔性は重要です。これは以下の規格に記載されています:EN 14477、ASTM F1306.
行先 パンクチャー抵抗

摩擦係数 COF

ISO 8295、ASTM D1894、JIS K 7125、DIN 53375
COFは、表面構造と印刷適性に関して重要です。静摩擦係数および動摩擦係数は、パッケージングおよび印刷機でさらにプロセスされるフィルムにとって特に重要です。
行先 摩擦係数 COF

メルトフローの決定

メルトフローインデックス(MFR, MVR, FRR);ISO 1133、ASTM D1238
ISO 1133、ASTM D1238、および同様の規格に準拠したメルトマスフローレート(MFR)およびメルトボリュームフローレート(MVR)の測定向けに、ツビックローエルは、メソッドA向けの押出プラストメーターを製造、自動変位測定を特徴とし、AおよびB法の測定に使用できます。
行先 メルトフローの決定

引裂き進展、剥離、および接着特性

ISO 4578, Finat FTM 9, EN 1939, AFERA 4001
当社の材料試験機は、フィルムの引裂き進展、剥離および接着特性の測定に理想的であり、例えば、剥離抵抗を測定するための引き剥がし試験、密封された継ぎ目の試験、接着ラベルの初期接着試験などに使用されます。
行先 引裂き進展、剥離、および接着特性

衝撃引張強さ

ISO 8256, ASTM D 1822
ISO 8256/ASTM D1822、ツビツクローエルはフィルムの規格に準拠した衝撃引張強さを測定する理想的な振子衝撃試験機を用意しています。
行先 衝撃引張強さ

自動引張試験

roboTest F ロボット自動試験システムはフィルムや繊維、不織布などの硬くない材料の試験片の引張試験向けにデザインされました。
行先 自動引張試験

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top