ページコンテンツへ

プラスチック向け振り子衝撃試験機

50ジュールまで ダウンロード
産業
  • 主にプラスチック向け
Max. エネルギー
  • 50ジュールまで
試験タイプ
  • シャルピー
  • アイゾット
  • ダイナスタット
  • 衝撃引張

プラスチック試験の振り子衝撃試験機—高精度、高信頼性、そしてオペレーターフレンドリー

引張試験と曲げ試験を組み合わせたシャルピー衝撃試験は、ポリマー業界で最も頻繁に実施される機械的試験です。ツビックローエルのHIT振り子衝撃試験機シリーズはコストセービングと高精度のコンビネーションのソリューションを提供しています。 

プラスチックの振り子式衝撃試験

規格に準拠したHIT振り子衝撃試験機によるシャルピー、ダイナスタット、アイゾットそして衝撃引張試験、メソッドA/B - ツビックローエルで確実にターゲットをヒット!

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アドバンテージ
直感的でワークフローベースのタッチパネル操作
ユーザーマネジメント機能はスタンドアローンオペレーションでも威力を発揮
PCの有無によるフレキシブルな操作
信頼性の高い試験結果
人間工学的なデザイン
重量感あるサポートフレームと安定したベース
インテリジェントな衝撃試験
全てのアプリケーションに安全性
testXpert IIIと計装化
低温下での素早い試験

アドバンテージ

  • HIT振り子衝撃試験機は、使用中の振り子種類を自動的に識別し、測定値が常に正しい範囲で、規格に従って測定出来ます。
  • 世界で初めて振り子にカーボンダブルロッドを採用。これにより、衝撃方向に高レベルの剛性と衝撃点での質量の強い集中が可能となりました。
  • 各振り子にはクイックチェンジ装置が装備されています。振り子は、ツールを必要とせずにすばやく変更できます。
  • オプションの振り子ディスクブレーキは、実質的に摩耗しません。
  • オペレーターの利便性は、HIT振り子衝撃試験システムの際立った特徴です。可能な限り同じレベルで、操作を行えるためユーザーの疲れは激減します。
  • 制御機器には、衝突角度を正確に測定するための高解像度デジタルエンコーダーが含まれています。RS232インターフェースは、ラボのデータ管理システムへの接続に使用できます。PCは、USBプラグアンドプレイインターフェースを介して接続できます。
タッチ_オペレーション__FO

直感的でワークフローベースのタッチパネル操作

全ての関連する試験設定はグループ化され、ハイレベルな設定とは区分けされます。実際の試験の設定はガイドに従って実行できます。保存されている試験設定は簡単にエクスポートでき、他のデバイスへ移すことが可能です。

ユーザーマネジメント機能はスタンドアローンオペレーションでも威力を発揮

ユーザーマネジメント機能によりユーザーが選択するオプションを最低限にすることが出来ます。ユーザーは自分にとって必要なファンクションしか目にしないため、自分のタスクに集中、すぐにオペレーションをスタート出来ます。

PCの有無によるフレキシブルな操作

新しくなった操作パネルで、ユーザーはデバイスとPCを簡単に切り替えることができます。

HIT_Oscillogram__DR

信頼性の高い試験結果

一貫して低い自然振動のための振り子衝撃試験機を設計するプロセスは、振り子と固定具により、試験片の近くから始まります。

ツビックローエルはHIT振り子に高機能なカーボン材料を使っています。このアドバンテージは:

  • 振り子の剛性を圧倒的に高める
  • マスの理想的な分布
  • 繰返し性、再現性の高い試験結果。

ポテンシャルエネルギーの80%までの測定レンジで試験を行えます。これは、装置の質量と振り子の質量の比率が非常に高いために可能になります。

さまざまなHIT治具の交換は迅速、一方、精密ガイドによって治具とベースプレートの取合いは完璧に保証されています。

PI_振り子ストッパー__FO

人間工学的なデザイン

オペレーターの利便性は、HIT振り子衝撃試験システムの際立った特徴です。すべてが腕の届く範囲にあり、操作コントロールは均一な高さにあります。

  • 治具の交換には、リテンションボルトを少し緩めます。次に、治具をガイドから引き出し、別の治具をその場所にスライドさせます。リミットストップにより正確なポジショニングが可能です。
  • 振り子はクイックリリースロックで簡単に交換できます、追加の工具は不要で、操作が簡単になり、時間を節約できます。
  • コレクトトレイが装備され、試験後の試験片の排出も容易です。
  • エレクトロニクスはシンプルで操作性の良いキーボードタイプです。一連の試験中、試験結果は大きくてクリアなディスプレイから簡単に読み取ることができます

重量感あるサポートフレームと安定したベース

溶接されたテーブルフレームは最大の剛性を、ワイドベースのレベリングフットはしっかりとした安定したサポートを保証します。サポートテーブルのポジションストップにより、振り子衝撃試験機のフレームとぴったりと位置決めされます。HIT振り子衝撃試験機のベースプレートは、振動減衰金属鋳造で製造されており、振り子の質量に対するその質量の比率は、規格要件に準拠しています。3つの頑丈でロック可能なレベリングフィートは、安全な足場を提供し、機器の水平方向の位置合わせを可能にします。これによりインストール環境に関係なく、信頼できる試験結果を確実に取得できます。

振り子コーディング_計装化__FO

インテリジェントな衝撃試験

校正されたウエイトの質量が刻印されているのと同じように、各ツビックローエルの振り子は、電子的に読み取り可能な振り子コーディングの形式でデータを保持します。

振り子は、規格、試験の種類、エネルギー容量、開始角度、およびその他のデータを通じて、エレクトロニクスに対してそれ自体を識別します。また、空気や軸受け摩擦に関するデータも装置に保存されています。従って測定エラーは回避されます。

自由に選択出来る開始角度により、最適な試験パラメータが可能になります、例えば衝撃速度や衝撃時のエネルギー損失などです。試験後、振り子は自動的にキャプチャされ、モータードライブによって開始位置に戻ります。

hit-振り子衝撃試験機-5-50j-series-fo

全てのアプリケーションに安全性

飛散する試験片の破片からオペレーターを保護したり、落下する振り子との接触を防ぐために、ツビックローエルにはさまざまな安全ソリューションがあります。

  • シャルピー試験中、シャルピー治具の安全ガードは、試験片が振り子衝撃試験機内に留まるようにします。
  • 旋回式の安全ハウジングにより、たとえばアイゾット試験中に最適なアクセスが可能になります。
  • 電気的にインターロックされた安全装置は、試験中の空気供給を排除し、試験片の粉砕から最大限の保護をします。振り子を解放するには両手操作が必要であり、試験中に振り子衝撃試験機にアクセスする可能性を排除します。

testXpert IIIと計装化

ツビックローエルの試験ソフトウェアは、実施した試験のすべてのデータを表とグラフで表示するため、包括的で統計的な試験評価を行うことができます。

データは簡単に安全に保存されます:

  • 規格に準拠して用意されたレポートで
  • testXpertIIIに含まれる試験シリーズ
  • データベースへ自動エクスポート

計装化された衝撃試験により、材料の特性値と特性に関する追加情報を取得し、破壊力学の調査と自動破壊評価を実行できます。計装された振り子とエレクトロニクスは、試験片の破断に関連する高速プロセスの高精度記録に利用できます。

低温下での素早い試験

低温衝撃強さは材料の重要な特性です。ツビックローエルは温度コンディショニングボックスと冷却試験片用のマガジンを用意しています低温での試験では、まず最初に試験片を冷却槽で冷やします。次に試験片マガジンを試験片フィーダーへアタッチし、HIT振り子衝撃試験機に固定します。試験片は素早く簡単にフィードされ試験を実施します。

プラスチック衝撃試験アプリケーション

プラスチック衝撃試験アプリケーション

一般
シャルピー
アイゾット
衝撃引張試験
ダイナスタット

一般

振り子衝撃試験機は、さまざまな方法で試験片をロードできます。

  • シャルピー試験: ISO 179 、ASTM D6110
  • アイゾット試験: ISO 180, ASTM D256, ASTM D4812
  • 衝撃引張試験: ISO 8256 メソッド A と B, ASTM D1822
  • ダイナスタット衝撃曲げ試験:DIN 53435
プラスチックのシャルピー試験

シャルピー

シャルピーの治具は実に多くの組合せがあります。サポートやアンビルなどのこの試験独自のアイテムは、試験片のレンジに応じて選択されます。

試験結果は、100%の測定で精密にCNCで作られたアンビルの粗さと半径に大きく影響されます。ツビックローエルは、単一部品のアンビルを提供していません。それは寸法精度を達成することが難しいためです。タップに対するアンビルの位置は、取り付け時にオプションの治具を介して確保されます。

アンビルはサポートよりも摩耗が激しいため、他のアクセサリとは別に、アンビルの2部品だけの交換も可能です。クイックチェンジアダプタープレートにより、インパクトポイントがインパクト方向の試験片の幅に確実に一致し、試験片の厚さ(垂直方向)が、正確に挿入できるように位置合わせピン付きの適切な寸法のサポートによって調整されます。

シャルピー固定具のオプションとして、試験片のノッチまたは前端のいずれかを使用して、衝撃の中心に正確に配置できるようにするピボット式安全シールドと位置合わせユニットがあります。

アドバンテージ

  • 素早い治具交換
  • 文書化された100%の寸法精度検証による、アンビルの精密製造
プラスチックのアイゾット試験

アイゾット

アイゾット治具は2つのタイプが使用可能です。手動治具には精緻にねじ切られたリードスクリューが装備され、柔らかい、硬い、またはクランプの影響を受けやすい試験片を正確に制御して掴みます。

空気圧を使用した治具は、試験を多く行う場合や、温度調整された試験片に最適です。また、クランプの影響を受けやすい試験片を試験する場合に、優れた再現性を実現します。

治具のスイッチを押して迅速にクランプ出来るため、温度槽から試験片を取り出してから実際の試験までの時間を最小限に抑えます。

どちらの治具にもセンタリングユニットが装備されているため、試験片は常にノッチルートの平面に配置されます。

インパクト方向に試験片の幅を合わせる調整には、横方向ガイド付きのクイックチェンジインサートを使用します。

アドバンテージ

  • 迅速な試験片のセンタリングとグリッピング
  • グリップ力の微調整
  • 空圧治具で迅速な試験
  • グリップ力一定による信頼性の高い試験
プラスチックの衝撃曲げ試験

衝撃引張試験

衝撃引張り試験では、試験片とヨークを治具に合わせて固定します。

試験方法に応じて、試験片とヨークは振り子または衝撃引張固定具のいずれかに固定されます。

適切なテンプレートを使用して、さまざまなISOおよびASTM試験片タイプを設定します。

ISO 8256、メソッドA法の試験では、試験片の一端の肩にヨークが取り付けられています。試験片のもう一方の端は、衝撃引張り治具で把持されます。試験片のフリーな端とヨークを振り子ハンマーで打ちます。ヨークの重量は15g~120gを用意しています。

ISO 8256メソッドBおよびASTM D1822に準拠した試験では、試験片の一端を特別に設計された振り子ハンマーで固定します。 もう一方の端にはヨークが付いており、吊り下げられています。試験では、振り子と試験片が移動を続けている間、ヨークは衝撃引張固定治具によって停止されます。

衝撃引張治具はそれぞれの規格毎に用意しています。ヨークの重量は15g~120gを用意しています。

アドバンテージ

  • 試験メソッド毎に簡単な治具交換
  • 試験片の精緻なクランプとアラインメント
プラスチックのダイナスタット試験

ダイナスタット

HIT振り子衝撃試験機は、DIN 53435のダイナスタット衝撃試験にも対応しています。ダイナスタット用治具と5つの標準化された振り子は、このアプリケーションの全範囲をカバーします。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB
  • プロダクトパンフレット:5から50JまでのHIT振子衝撃試験機 PDF 4 MB

関連する製品とアクセサリー類

衝撃試験についてもっと詳しく

衝撃試験

とりわけ、ISO 179、 ASTM D6110、 ISO 180、 ASTM D256
衝撃試験は、より速い変形速度での材料の挙動を決定するために使用されます。ここでは、とりわけ、シャルピー試験(ISO 179-1)、計装化シャルピー試験(ISO 179-2)、アイゾット試験(ISO 180)、引張衝撃試験(ISO 8256)、パンクチャ―試験(ISO 6603-2)に関する情報が用意されています。
行先 衝撃試験

ダイナスタット曲げ及び衝撃曲げ試験

DIN 53435
プラスチック製のコンポーネントの材料特性の特性評価には、DIN 53435のダイナスタット曲げ試験、ダイナスタット衝撃曲げ試験、およびノッチ付き衝撃曲げ試験が使用されます。
行先 ダイナスタット曲げ及び衝撃曲げ試験

金属のシャルピー衝撃試験

シャルピー衝撃試験では、標準化されたノッチ付き試験片が最大750Jのエネルギーで衝撃を受けます。
行先 金属のシャルピー衝撃試験
Top