ページコンテンツへ

引裂き進展、剥離、および接着特性

ISO 4578, Finat FTM 9, EN 1939, AFERA 4001
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

引裂き進展試験:

引裂き強さ 引裂きの進展に対する材料の耐性を表します。試験のセットアップは引張試験に似ています。試験片は、ある決められた引き裂き長さを持つズボンタイプの試験片またはアングル試験片です。

剥離抵抗試験:

剥離抵抗は、プルオフ試験で測定されます。抵抗は剥離角度に大きく依存するため、規格ではさまざまな試験方法が示されています。ツビックローエルはそれぞれの試験方法に適した試験冶具を提供しています。

  • 90°プルオフ試験
  • 180°プルオフ試験
  • ローラー はく離試験具
  • シール継ぎ目試験

初期接着性:

接触接着としても知られているこの特性は、例えば接着ラベルやテープが測定対象となります。これは、最大剥離強度の形で”初期タック”として知られる最初の接着力を表します。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top