ページコンテンツへ

roboTest I 全自動システム

温度コンディショニングされた金属試験片(シャルピー)またはPE/PP試験片(シャルピー/アイゾット)の自動衝撃試験向け ダウンロード
産業
  • 金属
試験タイプ
  • 衝撃曲げ(シャルピー)
試験片レンジ
  • 冷却試験片
  • 半- または全自動試験
規格
  • ASTM E23
  • ISO 148
  • SO 179
  • ASTM D256
  • ISO 180

シャルピーやアイゾットの自動衝撃試験用ロボット試験システム

roboTest Iロボット試験システムは、金属またはプラスチックの振り子衝撃試験機に取り付けることができ、シャルピー法またはアイゾッド法での温度調整、試験片の供給、および衝撃試験を自動化します。 

シャルピー法では、金属は温度範囲-180〜 + 300℃(オプションで最大+ 600℃)でISO148またはASTME23に準拠した試験を行います。ロボット試験システムは、450ジュールまたは750ジュール(HIT450P / PWS750)振り子衝撃試験機を備えた半自動または全自動バージョンで使用できます。 

シャルピー法では、プラスチックはISO179またはASTMD256に準拠した試験か、オプションでISO180またはASTME23に準拠したアイゾット法による、-80~ + 100℃の温度範囲で試験されます。 プラスチック用のroboTestIは、25ジュールまたは50ジュール(HIT 25/50)の振り子衝撃試験機を備えた全自動バージョンで使用できます。 

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アドバンテージ
金属の試験
プラスチックの試験
試験片フィーダーの機能

アドバンテージ

  • オペレーターによる影響(手の温度/湿度、試験片装着時の直線性など)が排除され、再現性の高い試験が可能です。
  • ラボのスタッフ等がルーティーンの作業から解放され、より創造的なジョブに集中出来ます。
  • システムはスタッフの仕事以外の時間(ランチ休憩やナイトシフトなど)でも常に可動出来、試験を止める必要がありません。
  • 全自動化により試験片1本当りの試験コストが削減されるため、1から2で投資が回収できる計算となります。
  • システムは信頼性の高い試験レポートを作成、あるいは統計的な長期試験モニタリング等も行います。

金属の試験

  • このロボットシステムは450または750J (HIT450P/PSW750) の衝撃試験機に装着出来ます。
  • スライド式の試験片搬送システムによって、温度槽への試験片の出し入れを手動(半自動バージョン)か自動(全自動バージョン)で行います。
  • 450 Jあるいは750Jの衝撃試験機の半自動バージョン:roboTest I (衝撃) 温度コンディションイングと温度ユニット内に10本までの試験片セットキャパシティー(オプションで21本まで)。
  • 750Jの衝撃試験機の全自動バージョン:roboTest I (Impact) 試験片搬送装置および温度調節ユニット中の試験片キャパシティーは10 試験片(オプションで21本)、さらに試験片マガジンは90 試験片 収容可能です。
  • 試験片を温度コンディショニングマガジンから取出し5秒 以内に衝撃試験を行います。
  • オプションにてバーコードリーダー(2D)、HOSTコネクションも提供いたします。

プラスチックの試験

  • このシステムは 25Jあるいは50J (HIT25/HIT50) のモーター自動駆動の振り子衝撃試験機に装着可能です。
  • 加熱炉の外のマガジンには 100 試験片 が収容可能。
  • 加熱炉内での温度コンディショニングは 10 試験片。
  • 試験片スライドキャリアにて温度コンディショニングユニットからの出し入れを行います。これらは自動で駆動します。
  • 試験片を温度コンディショニングマガジンから取出し5秒 以内に衝撃試験を行います。
  • オプションにてバーコードリーダー(2D)、HOSTコネクションも提供いたします。

試験片フィーダーの機能

スライド式の試験片搬送システムによって、温度槽への試験片の出し入れを手動(半自動バージョン)か自動(全自動バージョン)で行います。

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

アプリケーション

衝撃試験

衝撃試験は、短時間の試験であり、材料または部品の破壊挙動を示します。
行先 衝撃試験

衝撃試験

とりわけ、ISO 179、 ASTM D6110、 ISO 180、 ASTM D256
衝撃試験は、より速い変形速度での材料の挙動を決定するために使用されます。ここでは、とりわけ、シャルピー試験(ISO 179-1)、計装化シャルピー試験(ISO 179-2)、アイゾット試験(ISO 180)、引張衝撃試験(ISO 8256)、パンクチャ―試験(ISO 6603-2)に関する情報が用意されています。
行先 衝撃試験

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:roboTest I 自動試験システム PDF 87 KB
Top