ページコンテンツへ

段ボールとソリッドボードの試験

段ボールコンテナーボード、段ボール、ソリッドボード、およびそれらに関連する製品の試験におけるテクノロジーリーダーシップから受けるベネフィット。

2点曲げ試験

ISO 2493-1, DIN 53121, ISO 5628, DIN 55437-3, DIN 19304
ISO 2493-1、DIN 53121、およびISO 5628に従って曲げ剛性を決定し、DIN 55437-3に従って折り目の技術的品質を決定します。
行先 2点曲げ試験

3点曲げ試験

以下のアプリケーションにおける3点曲げ試験硬質ボード、紙の複合材、芯の試験などは規格に準拠して行われます。
行先 3点曲げ試験

ダンボールのバックリング抵抗

DIN 54608
DIN 54608に準拠: 段ボールの最大荷重/バックリング抵抗性を決定する3点曲げ試験冶具
行先 ダンボールのバックリング抵抗

4点曲げ試験

DIN 53121, ISO 5628
DIN 53121あるいはISO 5628に準拠した段ボールの曲げ剛性
行先 4点曲げ試験

ボックスクラッシュ試験 積重ねクラッシュ試験

DIN EN ISO 12048 あるいはTAPPI T 804に準拠したボックスクラッシュ試験 DIN EN ISO 12048に準拠した積重ねクラッシュ試験
行先 ボックスクラッシュ試験 積重ねクラッシュ試験

エッジクラッシュ試験(ECT)

DIN EN ISO 3037 あるいはTAPPI T 811に準拠-段ボールの強度に関する特性値を決定します。
行先 エッジクラッシュ試験(ECT)

フラットクラッシュ試験

DIN EN ISO 3035あるいはTAPPI T 825
DIN EN ISO 3035あるいはTAPPI T 825に準拠した材料特性を決定
行先 フラットクラッシュ試験

パンクチャ―試験

DIN 53142-2
ISO 53142-2準拠の引張力、圧縮力、曲げ力、せん断力の組み合わせ
行先 パンクチャ―試験

折り目の試験

DIN 55437-1
試験片は、決められた折り目ナイフの幅、折り目溝の幅、および折り目深さで折り目を付けることができます。
行先 折り目の試験
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top