ページコンテンツへ

エッジクラッシュ試験(ECT)

DIN EN ISO 3037あるいはTAPPI T 811

試験の目的

  • DIN EN ISO 3037あるいはTAPPI T 811に準拠したエッジクラッシュ試験(ECT)は縦方向にフルートが配置された段ボールの強度に関する特性値を決定します。試験中は試験片への負荷が正確に垂直であることが重要です。
  • エッジクラッシュ耐性はマッキーフォーミュラに含まれているため、段ボール工場の品質管理にとって特に重要です。この試験の重要な要件は、試験片にクリーンで垂直なエッジがあり、材料に既存の損傷がないことです。ナイフは試験片の切断には理想的ではなく、レバーせん断機も適していません。ツインブレード丸鋸で良好な結果が得られます。

ツビックローエルのエッジクラッシュ試験(ECT)

  • 精密ガイド式圧縮プレートは非常に高い横方向の剛性を担保し、再現性のある試験結果を保証します。
  • 圧縮プレートは、リングクラッシュ試験(RCT)、フラットクラッシュ試験(FCT)、エッジクラッシュ試験(ECT)、および段ボール媒体試験(CMT)に適しています。
  • この試験の重要な要件は、試験片にクリーンで垂直なエッジがあり、材料に既存の損傷がないことです。ツビックローエルのツインブレード丸鋸は、最適な試験片作成を容易にします。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top