ページコンテンツへ

リングクラッシュ試験(RCT)

ISO 12192, TAPPI T 822

リングクラッシュ試験(RCT)は、標準化された長さと幅のリングに形成された紙片のリングクラッシュ耐性を決定するために使用されます。この試験はISO 12192 および TAPPI T 822に基づいて実施されます。

試験の目的

リングクラッシュ試験は、ライナーまたはフルーティングの強度を縦方向と縦方向の両方で測定するという点でショートスパン圧縮試験に似ています。試験中は試験片への負荷が正確に垂直であることが重要です。
この試験の結果は、試験片の適切な準備に大きく依存します。リングクラッシュの強さを正確に測定するには、試験片とガイドを正確に平行にする必要があります。リングクラッシュ試験は、クラッシュ挙動というよりも試験片の座屈挙動に関するデータを測定するため、ショートスパン圧縮試験による測定が増えてきています。

ツビックローエルのリングクラッシュ試験(RCT)

  • リングクラッシュ試験用のインサートは、ガイドされた圧縮プレートに簡単にフィットします。
  • 理想的な平行性を持った試験片の作成は、ツビックローエルのストリップカッターで実現可能です。
  • 精密ガイド式圧縮プレートは非常に高い横方向の剛性を担保し、再現性のある試験結果を保証します。
  • 圧縮プレートは、リングクラッシュ試験(RCT)、フラットクラッシュ試験(FCT)、エッジクラッシュ試験(ECT)、および段ボール媒体試験(CMT)に適しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top