ページコンテンツへ

ビデオ伸び計 3-300

広い測定範囲で高分解能の非常に用途の広い伸び計 ダウンロード
Max. 測定レンジ
  • 310 mm
温度レンジ
  • 室温250℃まで
試験タイプ + 幅減少
  • 引張、圧縮、曲げ試験繰返し試験幅測定ひずみ分散Test re-run
  • 2D dot マトリックス
材料
  • 金属
  • リブ付き鉄鋼
  • ベルト/繊維
  • フィルム
  • プラスチック
  • コンポーネント
  • その他

広い測定範囲で高解像度を実現するツビツクローエルアレイテクノロジー

ビデオ伸び計 3-300 は3つの高分解能カメラを搭載しています。ツビツクローエルの革新的なアレイテクノロジーは、フィールドオブビューを組み合わせて、高解像度の1つの大きなFOVを作成します。正確な測定が必要な、初期標点が長い、または伸びが大きい試験片に最適です。例えば、コンクリート補強鋼ではビデオ伸び計 3-300がリブの突起があり追加のゲージマークを必要とせずに測定出来ます。

ユニークポイント:クロスヘッドとのリンクにより、ゲージマークは常に自動でフィールドオブビュー(FOV)のセンターを捕捉しており、測定レンジをフルに利用出来ます。測定距離から外れた伸びによる測定範囲の制限はありません。

典型的なアプリケーションビデオ伸び計 3-300

典型的なアプリケーションビデオ伸び計 3-300

DIN 488, ISO 15630 に準拠したコンクリート強化スチールの試験
ISO6892 メソッドA、B+r値
ベルト/ストラップの試験、破断時のひずみ測定
フィルム試験 ISO 527-3

DIN 488, ISO 15630 に準拠したコンクリート強化スチールの試験

  • 例. Le 100 mm

このアプリケーションにおける利点

  • 高分解能と高測定レンジ
  • 試験片上のマーキングは必要ありません:試験片表面の自然のパターンを利用してソフト上にバーチャルな標点を生成します。
  • 試験片材料のセーブ:L0の外で破断しても無駄になる試験片はありません。Test Re-Run オプションとパターン認識機能によって、 L0 の場所を試験後にソフト上で再調整を行い、L0.の範囲内で破断が行われ、それを基に再計算を行います。あるいは、オプションの”ひずみ分散”機能によって、試験前に複数の標点を指定しておき、もっとも高ひずみ近辺の L0 を自動で設定を行うことも可能です。
  • 脆い試験片:非接触のため破断時の衝撃による伸び計へのダメージはありません。
  • 自動センタリング:クロスヘッドと連結し伸び計がトラッキングこれにより伸び計は広範囲の測定レンジで、常に標点のセンターを捕捉し続けます。

ISO6892 メソッドA、B+r値

このアプリケーションにおける利点

  • 汎用性:videoXtens 3-300の高い測定範囲と高解像度により、他の試験にも使用できます。
  • 試験片への影響を排除:アルミや金属フォイル試験片は接触に対して非常に敏感なためvideoXtens による非接触は理想的なソリューションです。材料特性値へ影響を与えません。
  • クロスヘッドに連結されておりゲージマークは常に中心にあり、測定レンジを最大限に利用できます。
  • 幅減少測定用の追加のカメラ(r値測定オプションを含む)は常に自動でフィールドオブビューのセンター、つまり試験片センターをトラックします。
  • 幅測定のさらなる精度:試験片上の幅の測定点を、ゲージマーク間のセンターなどの測定ラインを正確にポジショニングします。この測定ラインは10本まで決定できます。

ベルト/ストラップの試験、破断時のひずみ測定

  • 例. L0: 100 mm あるいは 200 mm

このアプリケーションにおける利点

  • クロスヘッドに連結されておりゲージマークは常に中心にあり、測定レンジを最大限に利用できます。試験片グリップから試験片のかなりの部分が大きく出ても、測定レンジには制限はかかりません。
  • パターン認識機能により試験片へのマーキングは必要ありません。この機能は試験片表面の自然な模様を利用して行います。
  • 試験片が極端にしなりやすい場合-破断時の伸び計への影響は一切なく、試験全てが正確にトラックされます。
  • 横ひずみもオプションの第二測定軸ソフトウェアにて測定可能です。例えば、繊維の構造によって引張荷重が下で広がってしまうベルトのケースです。
  • L0の外で破断しても無駄になる試験片はありません。Test Re-Run オプションとパターン認識機能によって、 L0 の場所を試験後にソフト上で再調整を行い、L0.の範囲内で破断が行われ、それを基に再計算を行います。あるいは、オプションの”ひずみ分散”機能によって、試験前に複数の標点を指定しておき、もっとも高ひずみ近辺の L0 を自動で設定を行うことも可能です。

フィルム試験 ISO 527-3

このアプリケーションにおける利点

  • 高分解能と高測定レンジ
  • 汎用性:videoXtens 3-300の高い測定範囲と高解像度により、他の試験にも使用できます。
  • センシティブな試験片はナイフエッジによる影響を受けません- 非接触システム
  • パターン認識:試験片表面全体にパターンがソフト上の点描やスタンプ機能により生成されます。
  • クロスヘッドに連結されておりゲージマークは常に中心にあり、測定レンジを最大限に利用できます。
  • フィルム試験片の試験中の相当な変形量でも測定レンジに制限を与える事はありません。
  • 研究開発分野でのタイムセービング:L0.の外側で破断した事による試験片の無駄は発生しません。Test Re-Run オプションとパターン認識機能によって、 L0 の場所を試験後にソフト上で再調整を行い、L0.の範囲内で破断が行われ、それを基に再計算を行います。あるいは、オプションの”ひずみ分散”機能によって、試験前に複数の標点を指定しておき、もっとも高ひずみ近辺の L0 を自動で設定を行うことも可能です。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション: ビデオ伸び計3-300 PDF 2 MB
Top