ページコンテンツへ

中間製品と完成品

完成部品または中間製品から採取された試験片の試験の目的は、成形材料の試験の目的とは大きく異なります。
成形材料の試験は、比較可能な材料データを生成します。このデータは材料の比較に使用できますが、完成品の特性を計算することはほとんどの場合不可能です。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

そのため、中間製品と完成品をテストする場合には目的が異なります:

機能製品の特性

たとえば、梱包コンテナの積み重ね強度、負荷を受けている絶縁ケーブル、嵐の時の窓の耐破壊性、椅子の耐荷重など。
行先 機能製品の特性

材料特性

製品の材料特性の決定試験片は完成品から採取され、成形材料の試験に適用されるものと同じ試験規格または製品仕様の特別な要件に従って、対応するコンディショニングの後に試験されます。
行先 材料特性

ダイナスタット曲げ及び衝撃曲げ試験

DIN 53435
プラスチック製のコンポーネントの材料特性の特性評価には、DIN 53435のダイナスタット曲げ試験、ダイナスタット衝撃曲げ試験、およびノッチ付き衝撃曲げ試験が使用されます。
行先 ダイナスタット曲げ及び衝撃曲げ試験
Top