ページコンテンツへ

HA シリーズ油圧サーボ試験機

下部クロスヘッドのアクチュエーター ダウンロード
産業
  • 金属自動車大学・公的研究機関建設資材
試験荷重
  • 50 kN - 500 kN
試験タイプ
  • 疲労 破壊靭性
規格
  • ISO 12106
  • ASTM E606
  • DIN 50100
  • ASTM E399
  • ASTM E647
  • ASTM E466

温度下での疲労試験には最適な試験機

50から500 kNの荷重レンジのHAシリーズ疲労試験機のスタンダードバージョンでは、試験エリア下部クロスヘッドに試験アクチュエーターが取り付けられています。試験エリアに恒温槽や加熱炉を設置する必要がある試験に最適です。アクチュエータの配置により、加熱された空気が上昇してアクチュエータが加熱されるのを防ぎます; また、オイルが加熱された試験エリアから落下する事もありません。。

LCF(低サイクル疲労)試験は、HAロードフレームを使用して実行できる試験の1つです。

HA疲労試験機の試験フレームは非常に高い剛性を備えており、自然な共振をもたらします。試験片の不要な曲げ応力を回避するために、ロードフレームは正確にアラインされています。

動的試験製品ポートフォリオの最後の要素は、油圧パワーパック、油圧サーボ試験用アクチュエータ、油圧分配ユニットなど、必要なすべてのアクセサリー類です。当社のポートフォリオは、継続的な開発と新製品のプログラムを通じて常に拡大されており、製品の品質を継続的に改善しながら、お客様の最も厳しい品質要件に対応してきています。

スプリングの疲労試験

HA100 油圧サーボ試験機によるスプリングの疲労試験

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

説明
アドバンテージと特徴
油圧パワーパック
油圧サーボ試験アクチュエーター
油圧分配ユニット

説明

  • HA シリーズ油圧サーボ試験機は50kN~500kNの試験荷重で様々なサイズを用意しています。
  • 標準試験ストロークは100mmか250mmです。
  • 油圧サーボ試験機は、210 barまたは280 barのシステム圧力に対応できます。
  • 標準でロードセルは上部クロスヘッドへ装着されます。
  • 上部クロスヘッドは調整可能です。オプションで、油圧クロスヘッドクランプおよびリフトシリンダーを装備できます。

アドバンテージと特徴

  • 50 kN〜500 kNの4つの標準公称定格
  • 作業性の良い高さ
  • 特に高温デバイスに最適
  • 上部クロスヘッドを正確にガイドするためのハードクロム処理されたコラム
  • アッパークロスヘッドの位置決めを容易にする油圧クランプと調整
  • 小さな漏れを収集するためのオイルパン
  • アプリケーションに応じCE機械指令に準拠した安全ハウジング
油圧パワーパック40 l /分、ノイズ保護なし

油圧パワーパック

HPシリーズのパワーパックは、高い駆動信頼性と長い耐用年数を特長としています。すべてのコンポーネントは、簡単にアクセスできるようにオイルタンクの上に取り付けられています。

自動プライミングラジアルピストンポンプは、非同期モーターによって駆動されます。9つのピストンは、流体力学的バランスがとれたストロークリングと接触しています。流量は、互いに反対側にある2つの制御ピストンを介して調整されるストロークリングの偏心によって調整されます。加圧されたオイルは高圧フィルターを経由して送られ、アプライアンスで利用されます。圧力リリーフバルブは工場で設定され、圧力の過度の上昇を防ぎます。

試験アクチュエーター LH2500

油圧サーボ試験アクチュエーター

ツビックローエルの油圧サーボ試験アクチュエータは、頑丈で堅牢な構造を特徴としており、油圧サーボマシンとクランププレートなどの単一の試験アクチュエータの両方で使用されています。サーボバルブと組み合わせて使用すると、複雑な荷重シーケンスを非常に正確に実行できます。

分配ユニット

油圧分配ユニット

油圧分配ユニットは、油圧サーボ試験機の電動式スイッチングデバイスです。油圧サーボ試験アクチュエータまたは油圧サーボ試験機の油圧を接続または切断します。接続バルブが各デバイスに割り当てられており、相互に独立して切り替えることができます。モジュール設計により、必要に応じて追加のスイッチングマニホールドを追加できます。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

一般的な疲労試験

振幅荷重下で材料やコンポーネントは早い段階で破損する可能性があります。このため、繰返しの機械的負荷の下での材料の挙動は重要な判断基準であり、必要なデータは試験を通じて取得されます。

材料試験では2つの疲労のカテゴリーがあります:

低サイクル疲労 (LCF )試験

ISO 12106/ASTM E606に準拠した低サイクル疲労(LCF)試験では、高サイクル振幅と塑性変形で試験片を試験し、低サイクル疲労強度を決定します。
行先 低サイクル疲労 (LCF )試験

高サイクル疲労試験/S-N試験

DIN 50100の高サイクル疲労試験(S-N試験も含む)では、試験片に対して、低から中間のサイクル振幅が加えられ試験を行います。
行先 高サイクル疲労試験/S-N試験

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:HA シリーズ油圧サーボ試験機 PDF 398 KB
  • プロダクトインフォメーション:油圧分配ユニット PDF 396 KB
  • プロダクトインフォメーション:油圧1軸試験アクチュエーター10kN-50kN PDF 540 KB
  • プロダクトインフォメーション:油圧1軸試験アクチュエーター100kN-1000 kN PDF 480 KB
  • プロダクトインフォメーション:20 l/min. 油圧パワーパック PDF 567 KB
  • プロダクトインフォメーション:40 l/min. 油圧パワーパック PDF 567 KB
  • プロダクトインフォメーション:80 l/min. 油圧パワーパック PDF 598 KB
  • プロダクトインフォメーション:170 l/min. 油圧パワーパック PDF 391 KB
  • プロダクトブロシャー:動的 PDF 5 MB
Top