ページコンテンツへ

マルチ伸び計 II HP

様々なアプリケーションに対して広い測定範囲で高精度の非常に用途の広い伸び計 ダウンロード
Max. 測定レンジ
  • 700 mm
温度レンジ
  • 室温250℃まで
試験タイプ + 幅減少
  • 引張、圧縮、曲げ試験繰返し試験幅減少測定
材料
  • 金属
  • プラスチック
  • 繊維強化複合材料
  • エラストマー
  • フィルム
  • 硬質フォーム材料
  • 木材紙その他

様々なアプリケーションに適した多用途な伸び計

マルチ伸び計 II HPは、操作が非常に簡単で、オペレーターの影響がほとんどない、様々なアプリケーションに適した非常に用途の広い伸び計です。700mmまでの全測定範囲で精度クラス0.5(ISO 9513)を満たしています。 これにより、小さな試験片と大きな試験片の両方の伸びを測定できます。簡単に交換できるセンサーアームと追加の横ひずみ伸び計により実に多くの試験で使用可能:プラスチック、複合材料、エラストマー、金属、複合材料引張試験、圧縮試験、曲げ試験や繰返し試験、横ひずみ測定、微少ひずみ測定さらには恒温槽内での試験。

  • 完全自動化システム:自動試験エリア測定(グリップ間距離)、センサーアームの自動センタリング、自動L0設定、センサーアームの自動取り付けおよび取り外し。
  • 簡便な操作性とオペレーターの影響を最小限に。
  • トレーサビリティ:測定キャリッジとセンサーアームの自己識別—システムはどのコンポーネントが使用されているかを自動的に認識します。
  • 頑丈な伸び計、試験片破断まで測定。セーフティーメカニズムによって試験片破断からセンサーアームを保護しています。

マルチ伸び計 II HP

マルチ伸び計 II HP

アドバンテージと特徴
機能の説明
幅減少と微少ひずみ測定用伸び計
ビデオ伸び計、横ひずみ
アドバンテージ ビデオ伸び計、横ひずみ

アドバンテージと特徴

  • 高荷重や脆い試験片であっても破断まで使用可能。
  • 大きな測定変位(最大700 mm)および恒温槽内でも最高の精度
  • EN ISO 9513に対して精度0.5級
  • 20 µm から 200 µmにおける伸びの計測誤差は +/-1µmで、 ISO 527­1 (2011)の追加要求事項にも完全に対応しています。
  • マルチ伸び計は、20 µmの測定変位に対して既に精度0.5級で校正されています。
  • 低いドラッグフォースと、センサーアームの接触圧力を調整する機能により、敏感な試験片での試験に対して信頼性が高くトレーサブルな試験が可能になります。
  • 試験片の伸びをは試験中に渡って、弾性および塑性変形、破断まで測定します。
  • マルチ伸び計は繰返し試験に最適です。
  • センサーアームを取替えるだけで圧縮や曲げ試験に対応します。
  • ナイフエッジを傾けることにより、試験片の破断時のセンサーアームとナイフエッジの損傷を防ぎます。
  • マルチ伸び計は軸方向微小伸び計と幅方向変位計を自動認識し、同時に3つの変化量を測定することができます。これは、ヤング率の正確な決定、およびr値とn値の決定、およびポアソン比にとって非常に重要です。
  • センサーアームの交換はツールなどの使用は必要なく、交換は自動で認識されます。
  • 恒温槽 での試験に最適なセンサーアームを用意しています。
  • 自動システム:
    - グリップ間のフリースぺ―スを測定
    - マルチ伸び計測定キャリッジのセンタリング
    - センサーアームの試験片への自動着脱
    - 自動標点距離セット.
  • マルチ伸び計は、ISO 6892-1(2009)メソッドA(1)およびASTM E8 – 09メソッドBに準拠したクローズドループひずみ速度制御に対応しています。

機能の説明

ガイドシステムには、互いに独立して移動できる2つの測定キャリッジが組み込まれています。各測定キャリッジには、測定キャリッジドライブと、測定ヘッドのステータスと測定データを記録および準備するマイクロプロセッサシステムがあります。さらに、測定キャリッジ/測定ヘッドドライブを制御し、それらの安全限界値を監視します。

測定キャリッジ、測定ヘッド、セントラル測定制御ユニット間の測定、制御、およびステータス信号の伝送でさえ、マイクロプロセッサシステムによって処理されています。

幅減少と微少ひずみ測定用伸び計

横ひずみ伸び計 (接触、絶対測定)

  • 1、2、または4つの断面で測定可能な90°回転可能な横ひずみ伸び計(それぞれ2つの解像度で利用可能)
  • 15°の回転可能な横ひずみ伸び計、2つの断面で測定でき、それぞれ2つの解像度で利用できます。微細ひずみ伸び計では、このタイプのみが可能です。

微少ひずみ伸び計 (接触)

  • インダクティブ伸び計は1つないし2つシグナルを組合せ微少ひずみを測定。

ビデオ伸び計横ひずみ伸び計 (光学式)

  • マルチ伸び計と一緒に使用し接触と光学の組み合わせで理想的なひずみ計測が可能となります

 

ビデオ伸び計、横ひずみ

ビデオ式横変位計測用伸び計は高分解能、非接触でプラスチックや金属試験片を幅広く測定します。

ISO 10113に準拠したr値の測定も可能です。この伸び計はマクロ伸び計 Ii、マルチ伸び計、およびレーザー伸び計と一緒に使用可能です。

測定システムは画像編集システムとデジタルビデオカメラから構成されています。ビデオカメラでデジタル化された試験片の画像は、PCのビデオプロセッサでリアルタイムに処理されます。

アドバンテージ ビデオ伸び計、横ひずみ

  • このシステムは、機械的に可動なコンポーネントが使用されていないため、摩耗がありません。摩耗部品のコストと継続的なメンテナンスは除外しています。
  • ビデオ式幅計は、試験片マーキングを必要としません。独自開発されたエッジ検出アルゴリズムを使用します。試験片の絶対幅は時間とともに変化します。これは、最大10か所の異なる位置の試験片エッジを使用して決定されます。
  • 幅は、1つ以上の場所(測定線)で決定できます。これにより、ISO 6892-1 で規定される引張試験のオフセット耐力の測定とISO 10113およびISO 10275で規定されるr & n値を一緒に測定する事が出来ます。
  • 非接触測定方法は、横方向に接触力が発生しません。これにより、薄くて敏感な試料の試験が可能になります。
  • 機械式システムとは異なり、光学測定システムは非常に短いゲージ長(クランプ長さ50 mmで15 mm以上)に使用できます。
  • 試験シーケンス全体をモニターで追跡し、その後の値を記録できます。
  • 精密反射板付きの90°偏向板。
  • ビデオ式幅計、バックライトスクリーンで利用できます。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:マルチ伸び計
Top