ページコンテンツへ

ビデオ伸び計 videoXtens T-160 HP 幅ひずみ計

r値測定の新しいスタンダード ダウンロード
Max. 測定レンジ
  • 160 mm
温度レンジ
  • 常温
試験タイプ + 幅減少
  • 幅減少の測定 r値の決定
材料
  • 金属

ISO10113:2020に準拠した、ブレの少ない、簡便な操作性による信頼性の高いr値。

  • ISO10113:2020の推奨に対応した標点距離全体に渡る幅減少の測定。これには 一様伸び Ag に到達する前に 発生する 材料の くびれを含みます。
  • その試験タスク専用のカメラとレンズによる高精度 (ISO 9513で精度0.5級) 。
  • 測定は10の測定軸から得られた600の測定ラインの評価をベースに行われます。
  • ゲージマークを必要としない縦方向のひずみと幅減少の測定。.試験片上のゲージマーク は不要です。

  • 縦方向のひずみの測定は ISO 6892の クローズドループひずみ速度制御Method A1, に基づき実施可能、これはvideoXtens T-160 HPがmultiXtens II HPあるいはmakroXtens II と一緒に使用出来るためです。

  • 自動標点距離検知機能 及び標点距離全体をカバーする10個の等距離測定軸。アウターの測定軸が標点の測定ポイントを追尾しています。
  • 試験中のひずみに対応した10測定軸のトラッキング; 測定軸から試験片が外れることはありません。
  • 試験シーケンスとインプットにおけるエラーソースの識別 ( ISO 10113 Annex Aに対応)。塑性伸びの許容値 +/-0.05% は自動的にモニターされ表示されます。
  • 測定された値 10の全ての測定軸はそれぞれ個別に評価、表示されます。これによりPortevin-Le Chatelier 効果の視覚化が可能になります; r値は高精度かつ試験片形状 の平行性と形の しきい値 に関しても正しく評価されます。

  • ISO 6892あるいはJIS Z2254に対応した破断点と分類の自動検知。不合格の試験は自動で信頼性高く除外されます。これにより時間が節約され正確でトレーサブルなデータが確約されます。

キーアドバンテージと特徴

キーアドバンテージと特徴

ISO 9513に対して精度0.5級
10測定軸全てを個別に評価
破断点と分類の自動検知
エラーソースの認識
600の測定ラインに基づく信頼性の高いr値
Rechts: Genauere und zuverlässigere r-Werte mit geringer Streuung durch Verwendung einer Kamera & Objektiv, die speziell für die Breitenänderung ausgerichtet sind

ISO 9513に対して精度0.5級

  • 精度 0.5級 (ISO 9513) と0.20 µmの分解能で、幅測定を高精度に。
  • 幅減少測定専用のレンズとカメラでより高精度で信頼性の高い試験結果を得られます。
  • インテリジェントなアルゴリズムにより、ゲージマークをせずに試験片エッジを正確に測定。
  • ビデオ伸び計videoXtens T-160 HP 10の測定軸を追尾し、測定値の信頼性を確実にしています。
  • ビデオ伸び計の安定したマウントにより低振動かつミスアラインメントの防止。
  • 画像はリアルタイムにソフトウェアで処理されます。
  • 全ての測定チャネルと正確な同期。
10個の等距離測定軸が表示されPLC(Portevin-Le Chatelier effect)効果が視覚化されています。

10測定軸全てを個別に評価

  • 測定された値 10の全ての測定軸はそれぞれ評価、表示されます。このようにいついかなる時でも値が確かなものかどうか検証する事ができ、PLC効果とLueders bandsが検知、視覚化されています。加えて、有効な材料のr値がこれらの効果が表示された状態で測定されます。
  • 試験片の形状は平行性と形のしきい値に関して10の測定軸からの値との比較で検証する事が可能です。
ISO6892に対応した破断点の分類

破断点と分類の自動検知

  • testXpert IIIでのISO 6892あるいはJIS Z2254に対応した破断点と分類の自動検知機能によって時間がセーブされ常にトレーサブルなデータを約束します。

  • r値の測定と同時に試験片平行部の破断点が記録されています。

  • この破断点はISO 6892あるいはJIS Z2254に従って分類されます。不合格の試験は自動で信頼性高く除外されます。

testXpert IIIのインプット及び試験アレンジにおけるエラーソースを認識するためのレイアウト

エラーソースの認識

  • 予め準備されたグラフレイアウトでは試験アレンジやインプットのエラーソースを認識しています(ISO 10113 Annex Aに対応)。ここでは、ミーンバリューに加えて個別の測定軸が表示されます。幅減少の許容値 +/-0.05 % は自動的にモニターされ表示されます。
軸方向の標点全長にわたって分布する10個の等距離測定軸

600の測定ラインに基づく信頼性の高いr値

  • ビデオ伸び計videoXtens T-160はISO 10113:2020に対応した信頼性の高い r値の測定を標点距離全体をカバーし高精度に行います
  • 幅の減少は標点距離全体をカバーするように配置された10の測定軸で自動トラッキングされています。
  • 測定軸の値は600の測定ラインを基に決定され、正しく高精度なr値の測定を行う事ができます。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション: ビデオ伸び計T-160HP PDF 1 MB
Top