ページコンテンツへ

環境保護と持続可能性

持続可能な会社経営とビジネスオペレーションはツビックローエルグループにとって重要です。当社は一貫して我々の製品とプロセスに責任を持っています。当社は私たちの地球と子供たちの将来に対して持続可能な経営を行っています。

持続可能なアクションは未来へのリターンであり、ビジネスの成功、環境の保護、社会的責任と調和している必要があります。

当社はCO2ニュートラル企業です。

  • 2014年、ツビックローエルは、カーボンオフセット証明書の購入を通じて計算された温室効果ガス排出量を補償する最初の材料試験機メーカーになりました。今後の計画には、この生態学的な取り組みのさらなる拡大が含まれます。 
  • ドイツのウルムにある同社のメインサイトからの計算されたCO2排出量を相殺するために、ツビックローエルはVorarlberger Klimaneutralitätsbündnis2025(Vorarlberg Climate Neutralality Alliance 2025)のメンバーになりました。アライアンスは、ニカラグアの植林プログラムやブルガリアの風力エネルギーへの投資などの国際プロジェクトの高品質のカーボンオフセット証明書を使用して、CO2排出量を補償しています。 
  • 2018年、ツビックローエルは4,888トンのCO2排出を相殺しました。これには、ツビックローエルのウルム工場からの直接的および間接的な排出量(天然ガスおよび灯油の購入、社用車の運転、電力消費)に加えて、鉄道または飛行機による出張など、会社の運営から発生する定義済みの間接排出量が含まれます。

ツビックローエル持続可能レポート

ツビックローエルグループは、持続可能性レポートを発行して、お客様、製品、持続可能な企業経営と環境保護活動、および従業員とコミュニティの福祉への貢献について、当社のステークホルダーに情報を提供しています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 2014年ツビックローエルグループ持続可能レポート PDF 878 KB
  • CO2補償 PDF 422 KB
  • 社会環境コミットメントの証明書 PDF 422 KB
Top