ページコンテンツへ

パイプの試験

パイプは粉材、液体ガスなどの天然資源を運ぶのに使用されます。従って、パイプは様々な環境下、油や天然ガスを運搬するために地上や地下で、燃料を運ぶエンジン、排気ガス、素材を作る化学プラントなど多岐にわたります。このため実に多種にわたる材料が複雑なプロセスで製造されています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード

引張試験

パイプの引張試験は試験片の形状等はそのパイプの形状に応じて様々なパターンがあります。細く薄いパイプは十分な長さに切り端を掴み易くつぶして試験を行いますが、より径の大きなものは試験中のダメージを避けるために心金を用いて試験を行います。大きなパイプの標準試験片はパイプの表面から切り出されて作製されます。また、試験片切り出し(縦方向)に際してはその断面はパイプの円弧状のものとします;これによって信頼性の高い試験を行うことができます。ツビックローエルではこれらの試験に対応する500Nから 2,500kNまでの引張り試験機を試験片に応じた適切な試験片グリップとともに提供しています。

硬さ試験

パイプや大径口パイプの硬さ試験は主に2つの観点から行われています:パイプの硬さや溶接つなぎ目の試験は、アプリケーションに応じて、 硬さ試験はISO 6506-1, (ブリンネル)

ISO 6507-1 (ビッカーズ), ISO 6508-1 (ロックウエル), ASTM E10

(ブリンネル), ASTM E384 (ビッカーズ)、 及び ASTM E18 (ロックウエル)に基づいて行われます。 

パイプ壁のアベレージ硬さ値を求める試験

硬さ試験の1つの側面は製造後のパイプのアベレージ硬さ値の試験及び測定です。パイプは様々な方法で製造されますが、ローリングプロセスもその1つです。ローリングは機械的な熱処理のプロセスであり、パイプの肉厚や径に沿って試験が行われますが、硬さ試験は最も早く機械的特性値を求める事が可能な方法です。 

硬さ試験で金属組織成分の結晶粒構造の測定

硬さ試験のもう1つの側面は金属組織分野において結晶粒構造を硬さ試験で評価する事です。金属組織が非常に小さいため、極めて小さな力の硬さ試験機が使われます-一般的に言えば、金属組織成分のサイズに応じて押込み力が調整できるタイプの硬さ試験機を使用します。 

溶接つなぎ目の試験

ツビックローエルの製品ポートフォリオでは全ての試験メッソドの硬さ試験機を用意しています。ツビックローエル硬さ試験装置は全ての国際規格の要求を満たし、さらに国際規格に基づく校正も実施可能です。ツビックローエルはドイツの規格団体、DAkkSによって硬さ試験機の校正機関として認定を受けています。 

圧縮試験

破壊試験はパイプの強さや延性を試験しています。圧縮・破壊試験はパイプの強度及び延性をテストするために行われます。これらの特性値は、パイプの耐震強度・安全性に直接関係するため極めて重要な要素であり、特にパイプが地中で使用されている場合はなおさらです。ツビックローエルの材料試験機の試験部は簡単かつ短時間で、パイプの径に合わせたセットアップが出来るように工夫されています。

落重試験機

大規模な石油・ガス田向けには、パイプから切り出された試験片はAPI5Lの規格に沿った落錘試験を受けなければなりません。数センチにもなるパイプ現物の厚みや幅を持つ試験片に対して垂直に落錘体にて衝撃を与えます。そのエネルギー(落錘体の重さとリリースの高さ)は、試験片が破壊され、試験後目視にて破壊した表面を検査できるようにセットされます。ツビックローエルは100,000Jまでの落錘衝撃試験機を製造しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top