ページコンテンツへ

Pellini試験用落重試験機

ダウンロード
産業
  • 金属
Max. エネルギー
  • 1650ジュールまで
試験タイプ
  • 落重試験 (Pellini)
規格
  • ASTM E208
  • SEP 1325

W.S.Pellini 落重試験

落重試験はW.Sに記載されています。Pellini (Pellini試験)は ASTM E208 及び SEP 1325 に記述されているように、材料の脆性亀裂の伝播しやすさ・しにくさと停止させる能力を評価し脆性破壊特性を調べるための試験です。 

Pellini試験では、重りが両サイドで支持された長方形の曲げ試験片上に落下し、試験片に与えられたたわみ内で引張サイドへ脆性亀裂を引き起こします。この脆性亀裂はノッチ加工された溶接ビードから伝播していきます。

Pellini試験では、人工的に作られた亀裂スターター(ノッチ)によって引き起こされた脆性亀裂が試験片に伝播するのか、それとも亀裂が停止するのかを測定しています。亀裂が試験片両端まで伝播していればその試験片は破断したとみなします。

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アドバンテージ
特徴

アドバンテージ

  • モジュラー”ビルディングブロック”システム
  • 交換可能な治具と治具インサート
  • 安全回路を備えた電気的および機械的な試験領域の安全-すべての安全スイッチの接点が調査されるまで、試験は開始されません。
  • 独立した空気圧で作動する安全インターロックによって試験エリアをアクシデントから守ります。
  • 落下高さ、落下エネルギー、落重、および衝撃速度(理論上)のディスプレイのタッチスクリーン操作
  • 落重と落下エネルギーを入力すると、ステップレスに調整可能な落下高さが自動的でセットされます
  • 特に基礎は必要ありません。床の設置面圧は0.3 kg/cm²でなければなりません。

特徴

  • Pellini式 落重試験機はエネルギー550 J 及び1650 Jのタイプを提供しています。
  • 最大落下高さは1メータ―か1.3メータ―です。
  • 規格に対応して (ASTM E208とSEP 1325)、所望のドロップエネルギーは重りの簡単な使用によって決めることが出来ます。ドロップエネルギーは自動で計算されます。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

アプリケーション

落重試験機

落重試験機はある決められた高さからウエイトを試験片に落下させる機械的な試験です。
行先 落重試験機

金属の落重試験

DIN EN 10274、API 5Lの落重試験機はある決められた高さからウエイトを試験片に落下させる金属に対する機械的な試験です。
行先 金属の落重試験

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:550と1650JのPellini落重試験機 PDF 451 KB
Top