ページコンテンツへ

コンポーネント向け落重試験機

2000 Jまで ダウンロード
産業
  • コンポーネント試験
Max. エネルギー
  • 2000ジュールまで
試験タイプ
  • コンポーネント
  • パンクチャ―
  • シャルピー
  • アイゾット
  • 衝撃引張

顧客と共同で開発されてきた

ツビックローエルは長い間にわたりハイクオリティーな衝撃試験機を提供してきています。この経験に基づいて、ツビックローエルはアムスラーというブランド名で新しい落重試験機シリーズを開発しました。

コンポーネントの試験では、多くの場合、落重試験機に特定の要求が課せられます。コンポーネントの衝撃面は、衝撃の方向に対して正確に直角ではないことがよくあります。つまり、ガイドは大きくなければなりません。一部のコンポーネントは、特別なグリップで固定する必要があります。テストが高温または低温で実行される場合、試験セットアップ全体を温度チャンバーに収容する必要があります。

アムスラー HIT1100/2000F落重試験機は、コンポーネント試験に最適、この目的のために設計された治具により、材料試験のさまざまな規格化された試験に使用できます。

アムスラー HIT1100F 落重試験機によるヘルメットの試験

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アプリケーション
高いレベルのフレキシビリティ
個別の試験要求
恒温槽

アプリケーション

  • コンポーネント試験
  • ISO6603-2 及び ASTM D3763.のプラスチックのパンクチャ―試験
  • DIN 7765-2 のフィルムのパンクチャー試験
  • 様々な自動車の規格に基づいたプラスチックの加速パンクチャー試験
  • シャルピー試験 ISO 179-2
  • ISO 180 及び ASTM D256 のアイゾット試験

高いレベルのフレキシビリティ

フレキシビリティ

  • Tスロットを備えた取り付けプラットフォームにより、さまざまな試験構成に対して柔軟に対応しています。
  • 落重試験機は、温度槽と加速ユニットをオプションで装備できます。
  • モジュールデザインにより多くの試験アプリケーションに対応:

    • プレートの多軸パンクチャー
    • シャルピー、アイゾット
    • コンポーネント試験

個別の試験要求

個別の試験要求タスクを満たしています。ヘルメットからエアバッグハウジング、グローブまで、この落重試験機は正しい試験ソリューションが必要なアプリケーションに柔軟な回答を提供します。

恒温槽

試験が高温または低温で実行される場合、試験セットアップ全体を温度チャンバーに収容する必要があります。アムスラー HIT1100F/HIT2000F落重試験機は、このタイプの試験に最適、この目的のために設計された治具により、材料試験のさまざまな規格化された試験に使用できます。このチャンバーは、-70から+180℃の温度レンジに対応しています。電気抵抗器を使用して加熱し、液体窒素で冷却します。チャンバー内の空気/窒素混合物を循環させるファンにより、温度の均一性が確保されます。必要な設定温度または許容温度偏差は、testXpert IIIで設定できます。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:複合材料 PDF 7 MB
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB
  • プロダクトインフォメーション:アムスラーHIT 1100Fと2000F万能落重試験機 PDF 4 MB

関連する製品とアクセサリー類

衝撃試験についてもっと詳しく

熱可塑性樹脂および熱硬化性モールディング材料

成形材料の特性評価の重要な側面は、異なるラボ間の試験結果の再現性です。試験片の作成、試験片の形状、試験シーケンスはすべて詳細に規定されており、繰返し性とトレーサビリティーの両方に厳しい要求が課されています。品質管理では、評価の基本的な基準は、一定期間にわたる測定値の変化です。
行先 熱可塑性樹脂および熱硬化性モールディング材料

衝撃試験向け製品

ツビックローエルはあらゆるアプリケーションに対して幅広いレンジの衝撃試験機を用意しています。衝撃試験機には、プラスチックと金属のアプリケーションに、振り子衝撃試験機と落重試験機を含みます。振り子衝撃試験機 5.5J~750J、100,000Jまでの落重試験機
行先 衝撃試験向け製品
Top