ページコンテンツへ

BUPシートメタル試験機

ダウンロード
産業
  • 金属
試験荷重
  • 100から1,000 kN
試験タイプ
  • カッピング試験
  • イヤリング試験
  • 穴拡げ試験
  • 成形限界曲線
規格
  • ISO 20482
  • DIN EN 1669
  • ISO 12004
  • ISO 16630

シートメタル成形性の柔軟な試験ソリューション

BUPシートメタル試験機によって、シートメタルの延性の特性値を測定、評価しています。シートメタル試験機は、新しい合金や新しい金属加工技術の特性値評価、および最終的な量産における開発プロセスをサポートします。

シートメタル試験機の利点は、柔軟性、さまざまな試験に対する簡単で迅速な治具の交換、しわ押え、パンチ、絞りなどを個別に制御を行っています。

BUPシートメタル成型試験機

一般的な規格(DIN EN ISO 20482、DIN EN 1669)に対するシートの延性を測定するための試験機。

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

説明
アドバンテージと特徴
操作上の利点

説明

  • 薄板成形性評価用のBUPシートメタル試験機には、最大ラム力が100 kN、200 kN、400 kN、600 kN、または1,000 kNの5つのバージョンがあります。
  • パンチ機能がBUP試験機に搭載されており、ブランクのパンチとカップの引き抜きを1回の操作で実行できます(BUP 200から)。
  • 試験シーケンスは個別に調整できますー例えば、深絞り速度とシートメタルのクランプ力のシーケンスなどです。
  • オプションのtestXpert III試験ソフトウェアを使用し、試験結果をグラフィカルに評価して保存することもできます。

アドバンテージと特徴

  • 絞りパンチ、絞りダイ、しわ押え、カッティングパンチ、カッティングリング、スクレーパーリングなどの治具をすばやく簡単に交換できます。多くの機能拡張のオプションを用意。
  • 前の世代のマシンの試験ツール/治具類は引き続き使用できます(制限があります)。すでに確立された試験メソッド用の既成の試験ツール/治具、個別のアプリケーションに応じた特別なツール/治具。
  • ピストンとシリンダーの摩擦が低いため、正確な測定記録と優れた再現性が得られます。
  • クリーンで静かな操作。コンパクトなデザインでマシンの移動も簡単。
  • ピストン一体型の油圧式カップ引抜装置、ピストンロッドは絞り用パンチを介して作動。
  • 操作パネルは、測定に対して最適な角度に回転可能。
  • ポジション制御。
  • 全機能に対して電気的、油圧的保護。
  • 試験中に調整可能な自動ブランクホルダーアンロードにより、耳をつぶすことなくカップを引き出すことができます。
  • ブランキングプロセス後の事前選択されたクランプ力の自動設定。
  • クラックの検出または最大ラムストローク(Sリミット)に達した事による試験終了後の自動ピストン引抜きおよびスイッチオフ。
  • コンポーネントに簡単にアクセスできるスイングドアと取り外し可能なケーシングパネル。
  • オープン設計により、ツールヘッドを開閉することなく、長い薄板ストリップで複数の試験を実行できます。
  • オイル回路が閉じているため、不快な臭いがありません。
  • リクエストに応じて、特別なソリューション(ピエゾロードセル、異なる深絞り速度、油圧パワーパック分離など)も可能。

操作上の利点

  • 試験中の深絞り速度の変更(BUP 400/600/1000)。
  • 自動または手動操作用の動作モードスイッチ(BUP 400/600/1000)。
  • 両手操作により、BUP 100/200の手動ツールヘッドを閉じるときの事故(偶発的な衝撃による落下など)のリスクがなくなります。
  • ツールヘッドの油圧開閉、両手操作(BUP 400/600/1000)。
  • ツール/治具の交換が簡単なセットアップストローク(BUP 400/600/1000)。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

シートメタル成形の典型的な試験メソッド

シートメタル成形の一般的な試験方法には、エリクセン(ISO 20482)およびオルセン(ISO 20482)のカッピング試験、イアリング傾向を決定するイヤリング試験(ISO 11531 / EN 1669)、およびISO 16630の穴拡げ試験があります。

特に重要なのは、ISO 12004に準拠した成形限界曲線(FLC)の決定です。これは、2段階の試験で変形を生成し、実際のコンポーネントの既存の変形と比較して評価します。成形限界曲線が決定されると、それはコンポーネントの設計段階で使用され、成形の最適化をサポートし、開発プロセスをスピードアップさせています。

シートメタル成形性試験メソッド

シートメタル成形の試験方法では、金属加工および金属加工の特性値が測定され、カッピング試験、イアリング試験、穴拡げ試験などの各種試験が含まれます。
行先 シートメタル成形性試験メソッド

エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

エリクセン(ISO 20482)およびオルセン(ASTM E 643-84)のカッピング試験によって、シートメタルの延性能力を決定します。
行先 エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

金属/アルミニウムのイヤリング試験

金属材料(ISO 11531)およびアルミニウム(EN 1669)のイヤリング試験は、イヤリングの形成を決定するために使用されます。
行先 金属/アルミニウムのイヤリング試験

エッジき裂感度の決定

ISO 16630の穴拡げ試験の場合、円錐パンチで穴を広げ、シートメタルのエッジクラック感度を決定します。
行先 エッジき裂感度の決定

成形限界曲線(FLC)

ISO 12004の成形限界曲線によって、シートメタルの破壊限界を決定します。
行先 成形限界曲線(FLC)

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:シートメタル成形100/200kN PDF 524 KB
  • プロダクトインフォメーション:シートメタル成形400/600 kN PDF 514 KB
  • プロダクトインフォメーション:シートメタル成形1000 kN PDF 523 KB
Top