ページコンテンツへ

ISO 16630の穴拡げ試験 - エッジクラック感度の決定

ISO 16630の穴拡げ試験は、シートメタルのエッジの成形特性の決定(エッジ亀裂感度の決定)に使用される試験方法です。

穴拡げ試験では、直径10 mmの穴がせん断加工され、その後、円錐パンチ(60°角度)で広げられます。

試験結果は、いわゆる穴径拡大率から得られ、これは拡大された穴の直径(DhからD0)と初期の穴の直径D0の比として定義されます。実行が比較的簡単なため、標準化された穴拡げ試験は、素早く行える試験として、または材料の出荷試験として頻繁に使用されます。

せん断によってシートメタルエッジの成形特性が変わります。

ISO規格では2009年に始めて記載されています。もともとは、ホイールディスクの製造におけるパンチボルト穴のフランジ加工や、同様の成形方法に対するシートメタル材料の適合性を決定するために使用されていました。

経済的、環境的な要求による軽量化は、より強くより薄いシートメタルの需要を高めています。同時に、コンポーネントの形状はますます複雑になってきています。したがって、穴拡げ試験は、自動車のシャーシコンポーネントの製造時に、パンチングシートメタルのエッジの延性、およびエッジの亀裂感受性を決定するためにますます多用されています。

シートメタル加工で最も一般的に使用される製造プロセスの1つであるせん断は、主要材料の機械的特性に課題をもたらします。せん断加工によって新しく形成されたエッジの延性は、基本材料と比較して大幅に低下する可能性があります。この延性の低下のため、後行程の成形プロセス中にエッジから亀裂が発生する可能性があります。成形プロセス中に、材料がシートメタルのエッジからき裂が発生する場合、エッジき裂の影響を受けやすいと考えられます。.

ISO 16630穴拡げ試験に関連する製品

Top