ページコンテンツへ

シートメタル成形性試験メソッド

シートメタル成形の試験方法では、金属加工および金属加工の特性値が測定され、カッピング試験、イアリング試験、穴拡げ試験などの各種試験が含まれます。 

成形技術では、薄板は、圧延、オープンダイ鍛造、衝撃押し出し、押し出し成形、深絞り、曲げなどのさまざまな製造プロセスで処理されます。シートメタル成形は、最も古い製造技術の1つです。シートメタルブランクを最終形状に変えるためのテクノロジーです。

イノベーションは主に輸送技術、特に自動車産業によって推進されています。軽量構造の推進の下でシートメタル材料に対する需要の増加は、高強度および超高強度鋼材の開発につながりましたが、それらの延性の低下およびより高い弾性回復は、成形技術とプロセス制御に新たな課題を課しています。

シートメタル成形の典型的な試験メソッド

典型的なシートメタル成形試験方法には、エリクセン(ISO 20482)とオルセン(ISO 20482)の古典的なカッピング試験、イアリング試験(ISO 11531 / EN 1669)とISO 16630の穴拡げ試験が含まれ、 これらの試験は強度鋼材の使用に伴い増え続けています。

特に重要なのは、ISO 12004に準拠した成形限界曲線(FLC)の決定です。これは、2段階の試験で変形を生成し、実際のコンポーネントの既存の変形と比較して評価します。成形限界曲線(FLC)が決定されると、それはコンポーネントの設計段階で使用され、シートメタル成形の最適化をサポートし、開発プロセスをスピードアップさせています。

エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

エリクセン(ISO 20482)およびオルセン(ASTM E 643-84)のカッピング試験によって、シートメタルの延性能力を決定します。
行先 エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

金属/アルミニウムのイヤリング試験

金属材料(ISO 11531)およびアルミニウム(EN 1669)のイヤリング試験は、イヤリングの形成を決定するために使用されます。
行先 金属/アルミニウムのイヤリング試験

穴拡げ試験

穴拡げ試験は、エッジ亀裂の感度を決定するために使用されます
行先 穴拡げ試験

成形限界曲線(FLC)

ISO 12004の成形限界曲線によって、シートメタルの破壊限界を決定します。
行先 成形限界曲線(FLC)

シートメタル成形の追加的な試験メソッド: カッピング試験

油圧バルジ試験

ISO 16808へのバルジ試験では、油圧カッピング試験によって2軸応力-ひずみ曲線が決定されます。
行先 油圧バルジ試験

VW 試験

VW 試験では, 自動車ボディーのシートメタルのしわを試験しています。
行先 VW 試験

シートメタル成形の追加的な試験メソッド: イヤリング試験

Fukuiのイヤリング試験

Fukui コニカルカップは、コニカルカップを絞って、引抜く試験法です。
行先 Fukuiのイヤリング試験

スクエアカップ試験

スクエアカップ試験では、カップを正方形のベースで絞ります。
行先 スクエアカップ試験

限界絞り比試験 (LDR)

限界絞り比試験、スイフト深絞りカップ試験では、ダイの直径に対する円形ブランクの最大比率が評価されます。
行先 限界絞り比試験 (LDR)

限界ドーム高さ(LDH)試験

限界ドーム高さ(LDH)試験では、半球状のダイを使用して、クランプされる試験片を破損するまで変形させます。
行先 限界ドーム高さ(LDH)試験

Engelhardtの深絞り引き剥がし試験

Engelhardt法の深絞りおよび引き剥がし試験では、必要な絞り力と、イヤリング試験中にボトムクラックを発生させるのに必要な力が測定されます。
行先 Engelhardtの深絞り引き剥がし試験

シートメタル成形の追加的な試験メソッド: 穴拡げ試験

KWIの穴拡げ試験

KWIの穴拡げ試験では、平らな深絞りダイで穴を伸ばし、シートメタルの形状変化特性を測定します。
行先 KWIの穴拡げ試験

シートメタル成形の追加的な試験メソッド:

U-曲げ試験

U-曲げ試験はシートメタルの仕上げやコーティングを試験するための方法です。
行先 U-曲げ試験

シートメタル成形の特性値を決定するための関連製品

Top