ページコンテンツへ

カッピング試験

カッピング試験は、金属加工業界で適用される試験方法であり、シートメタルおよびストリップの延性を決定するために使用されます。

シートメタルでのカッピング試験では、球状絞りパンチを亀裂が現れるまで、クランプされた金属シートに押し込みます。このカッピング試験は絞り成形性を評価するために行われます。

カッピング試験の概略

カッピング試験は以下の規格に記載されています。ここで現在の規格および試験の概略を確認出来ます。

エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

エリクセン(ISO 20482)およびオルセン(ASTM E 643-84)のカッピング試験によって、シートメタルの延性能力を決定します。
行先 エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

成形限界曲線(FLC)

ISO 12004の成形限界曲線によって、シートメタルの破壊限界を決定します。
行先 成形限界曲線(FLC)

油圧バルジ試験

ISO 16808へのバルジ試験では、油圧カッピング試験によって2軸応力-ひずみ曲線が決定されます。
行先 油圧バルジ試験

VW 試験

VW 試験では, 自動車ボディーのシートメタルのしわを試験しています。
行先 VW 試験

カッピング試験を実施する関連製品

Top