ページコンテンツへ

VW 試験 (フォルクスワーゲン規格 PV 1054)

VWバルジ試験は、シートメタル成形特性を決定するための試験方法です。 

この試験では、自動車ボディーのフラットスチール製品のしわを、金属コーティングの有無で試験します。

Marciniakツールを使用して、最大5%から10%の塑性ひずみまで絞りを行います。素材にもよりますが、通常、絞り深さ10〜20 mmが可能です。パンチ径は最低120mmでなければなりません。

カップの表面のしわは、別の測定システム(たとえば、基準面タッチプローブシステム、光学式ライン測定システム、または共焦点顕微鏡)によって決定されます。

追加のカッピング試験

エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

エリクセン(ISO 20482)およびオルセン(ASTM E 643-84)のカッピング試験によって、シートメタルの延性能力を決定します。
行先 エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

成形限界曲線(FLC)

ISO 12004の成形限界曲線によって、シートメタルの破壊限界を決定します。
行先 成形限界曲線(FLC)

油圧バルジ試験

ISO 16808へのバルジ試験では、油圧カッピング試験によって2軸応力-ひずみ曲線が決定されます。
行先 油圧バルジ試験

VW Test PV 1054に関連する製品

Top