ページコンテンツへ

ISO 12004の成形限界曲線 (FLC)

成形限界ダイアグラム(FLD)、成形限界曲線(FLC)

ISO 12004の 成形限界曲線FLC はシートメタル成形において重要なパラメーターです。 

成形限界曲線は試験中に重要な変形を生成するために2段階のステップの過程で使用されます。結果は、実際のコンポーネントの既存の変形と比較され、評価されます。

成形限界ダイアグラム (FLD)では、材料の破壊限界を測定し、材料ごとに比較されています。これは、成形プロセスに適した材料を開発サイクルの早い段階で決定でき、開発時間を短縮できることを意味します。さらに、成形限界分析を生産プロセスの監視に利用し、製品の品質を向上させることができます。

成形限界曲線は通常 Nakajima (半球状のカッピングダイ) かあるいはMarciniak (フラットダイ)に準拠したシートメタルの カッピング試験 で決定されます。

 

成形限界曲線(FLC)

異なった試験片形状の変形は、材料の成形限界曲線を決定します。

原則として、形状ごとに3つの試験片を準備し、各試験片には3つのセクションがあります。成形限界曲線について、最低5つの試験片形状が試験されます(ここでは8つ)。

ISO 12004のISO 12004の成形限界曲線 (FLC)の評価

測定顕微鏡を使用して手動で評価する場合は、試験前に試験片に円状パターンをつけます。負荷がかかると、円はだ円に変形し、だ円の主軸は、コンポーネント表面の主方向と副方向のひずみを表します。

光学3D測定システムでの評価用、例えば GOMによるアラミス、確率的パターンがカラースプレーで適用され、負荷下でのパターンシフトが評価されます。

追加のカッピング試験

エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

エリクセン(ISO 20482)およびオルセン(ASTM E 643-84)のカッピング試験によって、シートメタルの延性能力を決定します。
行先 エリクセン/オルセン法によるカッピング試験

油圧バルジ試験

ISO 16808へのバルジ試験では、油圧カッピング試験によって2軸応力-ひずみ曲線が決定されます。
行先 油圧バルジ試験

VW 試験

VW 試験では, 自動車ボディーのシートメタルのしわを試験しています。
行先 VW 試験

ISO 12004の成形限界曲線 (FLC)測定に関する製品

Top