ページコンテンツへ

穴拡げ試験

穴拡げ試験は、金属加工業界で適用される試験方法であり、パンチされたシートメタルの延性を決定するために使用されます。

特に高張力鋼の場合、成形技術はエッジのき裂の形成という新たな課題に直面しています。せん断によってエッジの成形能力が落ちていきます。したがって、製造プロセスを確保するために、穴拡げ試験行い、エッジ亀裂感度の特性値が決定されます。

穴拡げ試験の概略

穴拡げ試験は以下の規格に記載されています。ここで現在の規格および試験の概略を確認出来ます。

エッジき裂感度の決定

ISO 16630の穴拡げ試験の場合、円錐パンチで穴を広げ、シートメタルのエッジクラック感度を決定します。
行先 エッジき裂感度の決定

KWIの穴拡げ試験

KWIの穴拡げ試験では、平らな深絞りダイで穴を伸ばし、シートメタルの形状変化特性を測定します。
行先 KWIの穴拡げ試験

穴拡げ試験を実施する関連製品

Top