ページコンテンツへ

KWIの穴拡げ試験

KWI 試験

KWIの穴拡げ試験は、シートメタルの成形特性を決定するための方法であり、シートメタルエッジの形状の変化を測定します。

薄板の試験では、穴のあいた試験片を外縁で締め付け、深絞りします。絞りダイの正面の試験片の部分は、き裂が始まるまで接線方向にひずみが与えられます。

き裂発生時の穴の穴径拡大のパーセンテージは、荷重下での材料の延性の指標であり、これは、半径方向応力と接線方向応力と連携した一連の深絞り操作で発生するものと同様です。

KWI 試験の治具

イメージはKWIの穴拡げ試験用に治具がビルトインされたものです。ダイは真ん中にあります。明るい外側のリングは絞りツール、その間に穴のある金属シートがあります。

KWIの穴拡げ試験(KWI試験)に関連する製品

Top