ページコンテンツへ

アラインメント測定ー試験軸アラインメントを正確に

品質要求の高まりにより、材料試験機のジオメトリックアラインメントに対するトレーサビリティがますます重要になっています。精緻なアラインメントは欠陥測定のリスクを防いでくれます。

ツビックローエルはアラインメントに加え、材料試験機のアラインメントを測定、記録することにも対応しています。

Nadcap準拠の試験軸アラインメントを検証

Nadcap は"National Aerospace and Defense Contractors Accreditation Program" を意味しており、元々は航空宇宙や防衛産業へのサプライヤー向けにグローバルな認証プログラムでした。Nadcapの目的は、特別なプロセスや製品への経済的なアプローチを生み出し、認定企業の継続的な改善を促進することです。

ISO 9001およびEN 9100に基づく品質管理システムの認定とは対照的に、Nadcap認定には、特別な技術プロセスの詳細な検査と、定義された仕様およびガイドラインの遵守に関する監査の両方が含まれます。特に航空宇宙産業のメーカーとサプライヤーは、試験所の技術的およびスタッフの資格に関する非常に厳しい要件を定義付けしています。これらの要件は、規格、指令、および監査基準で指定されており、Nadcap監査を通じてチェックされるため、プロセスの安定性を最大限に高め、品質の標準化が保証されています。

アライメント測定の規格化されたオプションはASTM E1012に記載されており、これには試験軸のアライメントの記録や検査が含まれます。

アライメント測定はNadcap認定のコンポーネントであり、定義された公差への準拠を規定するASTME1012に基づいています。これは、Nadcapで定義された監査基準AC7101およびAC7122に反映されており、ここでは測定手順、つまり試験軸の位置合わせの検証の条件を定義しています。航空宇宙メーカーやサービスプロバイダーに加えて、他のセクターの企業、例えば機械およびプラントエンジニアリング業界や金属業界で、Nadcap認定要件の一部としてアライメント測定の影響を受けます。

アライメント測定の規格化されたオプションはASTM E1012に記載されており、これには試験軸のアライメントの記録や検査が含まれます。最小の角度誤差または試験軸のオフセットの結果として発生する可能性のある曲げの影響を電子的に測定する必要があります。

試験軸の誤ったアラインメントにより、試験片には不均一な力が加わります。

これらの所謂アラインメントエラーによってクランピング近辺での破断の可能性が高まります。アラインメントエラーは特に脆い材料ではよく起こります。硬くて脆い材料は、最大の曲げの領域で引張応力とひずみが低くく見えて破断します。ここで、ツビックローエルのアラインメントサービスの出番です:高度に確立されたプロセスにより、ひずみゲージとデータを活用し、特定の曲げひずみを視覚化し、アラインメントに必要な測定を開始します。

角度のアラインメントエラー

角度オフセットによる試験片への不均一な荷重。

軸心アライメントエラー

軸オフセットによる試験片への不均一な荷重。

当社の標準化されたひずみゲージ式アラインメントトランスデューサは、ほとんどの材料試験機で機能します。

  • ASTM E1012に基づき、ひずみゲージ式のアラインメントトランスデューサーが必要です、これは、後で試験をする試験片の形状に合致していることが必要です。経験豊富なツビックローエルサービスエンジニアが、ひずみゲージ式アライメントトランスデューサーを試験システムの試験軸に配置し、弾性域で負荷をかけていきます。
  • 試験片に不均一な力が加わった場合、ひずみゲージは異なるひずみを記録します。このデータは、接続されたアンプを通じてデジタル化され、ツビックローエルtestXpertの特別なソフトウェア試験プログラムに転送されます。材料特性は、規格仕様と試験片の形状に従ってtestXpertで決定および記録されます。testXpert のシンプルで構造化された評価により、ツビックローエルのサービスエンジニアが特性値測定結果に基づいて試験軸のエラーを特定していきます。必要に応じて、アラインメントエラーを解決するために特別に開発されたコンポーネントを使用して対策を行うことも可能です。さらに、testXpertはアラインメントユニットオプションの調整に関してレコメンデーションを提供し、検出されたアラインメントを簡単かつ便利にエラーに修正していきます。
  • 当社の標準化されたひずみゲージ式アラインメントトランスデューサは、ほとんどの材料試験機で機能します。さらに、定義された形状データは、ユーザーの要件に応じて、ひずみゲージ式アライメントトランスデューサで使用できます。

ツビックローエルを選択するメリット

  • 標準化されたひずみゲージ式アラインメントトランスデューサーを使用することにより、ツビックローエルは顧客固有の試験片寸法(適合)との高度な互換性を保証します。
  • 個々の形状データは、ひずみゲージ式アライメントトランスデューサーを使用して変換できます
  • 検査や校正の一部としてのアライメント測定が可能です、つまり、追加の移動費用が発生しません
  • ツビックローエルの規格準拠のひずみゲージ式アラインメントトランスデューサーにより、アラインメント測定が迅速に行えます
  • 調整用ダイアグラムが表示される便利なtestXpertソフトウェアは、アラインメントエラーの個々のコンポーネントとオペレーター向けの調整指示を直接表示します
  • 曲げおよびパーセント曲げの試験結果の連続グラフおよび数値表示
  • 事前定義された試験シーケンスは、ゼロ測定、軸ひずみなしでクランプされた測定、負荷状態での測定、ゼロ測定の繰り返し、0°/ 90°/ 180°/ 270°トランスデューサーの取り付け位置での測定、およびトップダウン測定で構成されています
  • 逆位置の測定による正確な測定結果
  • 標準およびそれ以上の要求に応じて、測定結果を完全かつ詳細に記録(画像の組み込みが可能)
  • ツビックローエルひずみゲージ式アライメントトランスデューサーの機械的および電気的特性を記載した工場試験レポート
  • HBM測定アンプをtestXpert試験ソフトウェアに完全に統合
  • シングルソースから全てを—コンサルテーションから実施まで
  • オプションのアラインメントユニットを使用した調整によるアラインメントエラーの修正
  • 他のメーカーのマシンでもアライメント測定が可能
  • 資格のあるツビックローエルのエキスパートが、質問と個々の要件に対して専門的で個別化されたサポートを行います。
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:アラインメント測定ー試験軸アラインメントの検証 PDF 638 KB

私たちのサービスに興味がありますか?

見積りが必要ですか?

 

ご連絡をお待ちしています。皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

追加のサービス

保守点検

定期的なメンテナンスと検査により、試験システムが稼働し続け、お客様の安全と機械の安全が確保されます。
行先 保守点検

æ ¡æ­£

材料試験機及び装置の
ツビックローエルは校正ラボとして認証されており、材料試験機および装置を校正するための包括的な校正ポートフォリオを提供しています。
行先 校正
Top