ページコンテンツへ

面内せん断(IPS)

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:複合材料 PDF 7 MB

試験の目的

  • 面内せん断は繊維方向に対して 引張 かあるいは 圧縮を±45° で実施する事で行います。試験片をプレートから繊維方向に対して45°でカットします。 
  • 主応力方向の応力、ひずみ、および弾性率の値を決定するために使用される引張および圧縮試験に加えて、面内せん断特性値の測定 複合材の試験では重要な役割を果たしています。
  • 測定特性値は 面内ひずみ γ 12、 面内応力 τ 12、および せん断弾性率 G 12です。
  • この方法は試験片の作成に厳密な要求があり、引張試験のように試験機で実施することができるため、品質保証や研究開発の分野において材料特性値の測定に行われています。

試験方法

引張り試験片では、45°未満の角度の繊維が試験片の側端で終わるため、繊維方向に沿ってせん断変位が発生します。このせん断変位は、0°および90°の2つのひずみゲージを使用するか、または二軸伸び計を使用して測定することができます。

変位はマトリックス内で起こり、破断はマトリックス内または繊維との界面で起こるため、測定されるせん断応力は比較的低い。標準試験片による試験では、10 kNの引張力を超えることはまれです。

この試験では、ひずみがより小さければリミットを検出します。。変位が大きくなると、繊維の角度が変化し、システマチックな計算エラーが生じます。規格がこれらの試験方法を5%のひずみに制限するのはそのためです。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top