ページコンテンツへ

プラスチックパイプのビカット軟化温度の決定

EN 727, ISO 306, ASTM D1525

パイプの試験では、ビカット軟化温度(VST)は通常、EN 727、ISO 306、またはASTMD1525に準拠して決定されます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

試験の目的

  • この試験は、熱可塑性パイプ材料の熱挙動に関する特性評価に関係しています。したがって、パイプの最終的な使用が高温を対象としている場合、この試験が実施されます。
  • VSTの測定値は物理量を表すものではありませんが、同じ試験条件下で材料を試験および分類するための比較値として機能します。
  • ビカット軟化温度は10Nまたは50Nの標準荷重下で断面積1mm²の円形の圧子が試験片に正確に1mmの深さで侵入する温度を示します。ビカット軟化温度 は ISO 306ASTM D1525 で規定されています。 
  • 従来のVST装置では、熱伝達流体としてシリコーンオイルを使用しています。これは最も費用対効果の高い方法、あり、正確かつ確実に実行できます。加えて、熱伝達のために空気または他の媒体で機能するプロセスが確立されていますが、多くの場合、精度の低い値と大きな値の変動を示す傾向があります。ISO 306は、金属表面から試験片への直接接触熱伝達を伴う信頼性の高い方法を提供します。このオイルフリーの方法は、加熱されたオイルによる臭気汚染が問題となり、VST試験を定期的に行う必要がある場合に特に適しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top