ページコンテンツへ

ASTM D5035/ISO 16900その他の規格に準拠したフェースマスクの試験

フェースマスクには様々なバリエーションがあります。これらは、基本的な口と鼻の保護から、小さな粒子から保護するためのフィルター要素を備えたマスク、クラスFFP1、FFP2、またはFFP3にまで及びます。 

手術用マスクは患者の保護を目的としています。クラスI医療機器として、それらは医療機器規制2017/745の要件の対象となります。粒子ろ過呼吸マスクは、着用者を粒子から保護することを目的としており、最高のカテゴリー3の個人用保護具(PPE)として、個人用保護具に関する規則2016/425の対象となります。

    フェースマスクの試験に関する規格

    機械的試験の要件は、次のようなさまざまなASTM、ISO、およびEN規格で説明されています:

    • DIN EN 14683:2019-10 – 医療用フェースマスク – 要求事項と試験法
    • DIN EN 149:2009-08呼吸保護装置–粒子から保護するためのハーフマスクのフィルタリング–要件、試験、マーキング
    • ASTM D5035-09(2017年再承認)繊維布の破断強度と伸びの標準試験方法(ストリップ法)マーキング 

    ボリュームフローインデックス(MVR)の決定

    ポリプロピレン(PP)は、フェイスマスクで使用するために紡糸およびメルトブローされた原料として機能します。スピンフォームのメルトフローインデックスは低いですが、メルトブローフォームのメルトフローインデックスは3倍です。ツビックローエルのMflowは両方の材料をプロセスする事が出来、正確で信頼性の高い試験結果をもたらします。 

    ASTMD5035に準拠したフェイスマスクの破壊強度と伸びの測定

    耐貫通性に加えて、破断強度と伸びは製品品質の重要な要素です。破断強度と伸びは、ASTMD5035に従ってテストされています。信頼性の高い試験結果を得るには、正確な試験片の準備、および試験片グリップの正しいグリップと締め直しが不可欠です。 

    マスクバンドとマスク本体の間の引張力の決定

    マスクバンドとマスク本体の接続は、特に長期間にわたってフェイスマスクを確実かつ快適に使用するための決定要因です。ASTM D5034に準拠した引張試験により、軸方向の引張力を測定できます。 

    DIN EN149に準拠した呼気バルブハウジングの引張試験

    前の試験アプリケーションは、サージカルフェイスマスクとPPEレスピレーターマスクの両方に適用されます。一方、DIN EN 149に準拠した試験は、PPE呼吸マスクにのみ適用されます。1つ以上の呼気弁が含まれ、ハウジングがマスク本体に取り付けられている場合は、引張試験が必要です。ハウジングは、10Nの軸方向の作用力に10秒間耐える必要があります。

    お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

    私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

    皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

     

    ご連絡お待ちしております

    関連する製品

    Top