ページコンテンツへ

ストラップ、ベルト、ロープ、そしてコードの試験

DIN EN ISO 2307, DIN EN 1492, DIN EN ISO 252, DIN EN ISO 283

毎日の生活で私たちは意識することなく数えきれないくらいのストラップ、ベルト、ロープやコードを見ています。それらは一定の荷重を受け、安全機能を確実に実行できるようにするために特定の品質特性を満たしている必要があります(たとえば、安全ベルト、クライミングロープ、コンベヤーベルト)。現実に使用される条件を考慮すると、試験には複雑なアレンジ、特別な試験片グリップ、および信頼性の高い試験結果が求められます- ツビックローエルのプロダクトポートフォリオはこの要件を全て満たしています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:繊維 PDF 4 MB

EN ISO 2307に準拠したロープの引張試験

ロープの試験には相当程度の専門性が必要となります。クランプ時のロープのよじれ戻りは、可能な限り避けるか、最小限に抑える必要があります。

試験片は、巻線の原理により快適、迅速、かつ慎重に取付をされます。試験片材料は両端でのみクランプされるため、この原理は非常に敏感な表面に理想的です。試験片は、センタリングリングを介して自動的に中央に配置され、試験片の引張荷重が、ロードリダクションローラーとの摩擦接触によって低減されます。端のクランプは、スクリュー(場合によっては力を大きくする)、ウェッジ、または油圧クランプエレメントによって機械的に行われます。

編組みまたはねじれた試験片の表面にゲージマークを付けるのも難しい場合があります。ロープの破断時に放出されるエネルギーを考えれば、のクロスヘッド変位によるひずみの測定では正確には測定出来ないため、非接触式の光学式ロングトラベル測定システムが不可欠です。ツビックローエルのさまざまなキャプスタングリップとロープグリップ、および非接触式ロングトラベル伸び計システムによって理想的なソリューションを提供します。

EN ISO 1492に準拠したベルトの引張試験

シートベルトメーカーと自動車会社は、ツビックローエルの試験システムを使用して、製造する安全ベルトの強度を決定しています(バックルの有り、無しで)。引張試験には特別な試験片グリップと対衝撃性安全ハウジングが必要になります。

違う試験によって、シートベルトの機動力(無負荷と引張負荷)が決定されます。この試験では、試験片はローラーグリップにまかれ、試験片自身でしっかり保持されます。一般的なクランピング方式は採用されないため、このシステムはクランピングにセンシティブな試験片でも推奨されます。ローラーの回転を介して、試験片材料は摩擦接触により独立してクランプされます。

あるいは、キャプスタングリップがストラップやベルトに対しても使われます。試験片は迅速に簡単にクランプ出来ます。これらのグリップは、薄くて締め付け力に敏感な材料にも使用され、チャック歯の破損を防止したり、引張試験中の試験片の滑りを防止したりします。フォースリダクションカーブはクランピングを終えた後の引張の荷重を低減してくれます。試験片はチャック歯が破損しないようにしっかり、とグリップされ、試験は規格に沿って行われます試験片はディフレクター内では無く、クランプしていない箇所で破断する必要があります。ひずみの測定には、光学式伸び計を使う必要があります、これは破断時に大きなのエネルギーが放出され、クロスヘッド変位ではひずみを正確に測定出来ないためです。

DIN EN ISO 252の構成要素間のプライ接着を決定する接着試験

接着力試験は、コンベヤーベルトなどの構成要素間のプライ接着力を決定します。試験片はDIN EN ISO 252に沿って準備されます。試験片の一端(縦方向に切断した)で、最初の層が取り除かれ、試験片グリップにクランプされます。規格では、プライ間およびコンベヤベルトのカバーとケーシング間の接着強度を測定するために、AとBの2つの試験方法を規定しています;基本的な試験条件はISO 36に準拠しています。この試験は、全幅引張強度が160 N / mm未満のスチールコード補強ベルトと繊維強化ベルトを除いて、すべてのタイプのコンベヤベルトに適用できます。

EN ISO 283に準拠したコンベアーベルトの引張試験

適用規格であるDIN EN ISO 283は、ベルトの全厚でのコンベヤベルトの破断強度、破断時のひずみ、およびひずみによる力を決定するための試験方法を規定しています。コンベヤーベルトの厚さから切り取られた試験片は、引張試験機を使用して破断するまで伸ばされます。試験片をしっかりクランプするために高くて調整可能なグリップ力が必要となります。油圧グリップと適切なチャック歯が使用されます。伸びの測定は精度が必要です。機械的な伸び測定システムは試験片の破断時にダメージのリスクが無い場合のみ使用する事を勧めています。

関連する製品

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top