ページコンテンツへ

反発弾性試験機

ダウンロード
産業
  • エラストマー
  • ラバー
  • フォーム
規格
  • DIN 53 512
  • ISO 4662
  • BS 903 Part A8 Method B
  • ASTM D7121, Method B
  • DIN 13 014

ツビックローエル5109 反発弾性試験機

反発弾性試験機

  • DIN 53512に準拠したエラストマーとゴムの試験(エラストマーとゴム);(ISO 4662ゴム); BS 903パートA8、B法(ゴム); ASTM D 7121、B法(Schob)
  • DIN 13014のフォーム材の試験(ポリエステルフォーム病院マットレス)

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

機能の説明
アドバンテージ
試験片温度コンディショニング
PCコネクション

機能の説明

エラストマーとフォームの試験の目的は、材料の弾性を簡単かつ迅速に測定することです。最大100%弾性の材料の1つは、供給されたエネルギーを保存し、力が加えられなくなったときに解放します。対照的に、100%塑性の材料は、供給されたエネルギーを完全に吸収します。これらの特性は反発弾性を測定するために使用されます:

アドバンテージ

装置/詳細

  • 分解能 0.06°
  • メンテナンスが極めて少ない-ギア付きモーターを唯一のアクチュエータとして使用する完全自動シーケンス。
  • フリクションフリーの振り子エンコーダー
  • 摩耗のないメカニズム-連続運転に最適です。
  • ホコリに強いキーボード
  • 低電力消費にスタンバイモードとLCDディスプレイ

操作

  • メニューガイド操作
  • 振り子の高さは、設定プログラムの助けを借りて、偏心器を介して簡単に調整できます。
  • 装置には、振動時間と摩擦を決定するための2つの試験プログラムが含まれています。
  • 必要な規格は選ぶことも、試験シーケンスを設定することも出来ます。
  • 多言語も可能(英語、ドイツ語プラスもう1言語自由に選択可能)。
  • PCに接続し、ツビックローエルのtestXpert試験ソフトも可能。ツビックローエルの試験ソフトウェアは、包括的なデータ転送オプション(機器からPCへ)に加えて、評価、処理、文書化、試験結果の保存など多彩な機能を提供します。
  • ルーティーンに組み入れ、エラーなどすぐに発見できるように 。

試験片温度コンディショニング

試験片とクランプ治具は、加熱されたチャンバー内で温度調整することができます。

試験片クランプ治具は、プラグファスナーによって装置のベースに取り付けられているため、迅速な交換が可能です。これにより、試験機への挿入までの間、温度調整された試験片からの温度損失が減少します。

電気的に加熱できる最大100°Cの温度範囲の温度制御ユニットを備えた試験片ホルダーは、高温での試験に利用できます。

PCコネクション

PCは、試験結果の出力と処理のためにRS232Cインターフェースを介して接続できます。

ツビックローエル試験ソフトウェアは、評価、文書化、保存、およびデータ転送のオプションを提供しています。また、さまざまなデバイス(振り子衝撃試験機、厚さ測定器、天びんなど)からの測定値を処理することもできます。

テクニカルオーバービュー

衝撃試験についてもっと詳しく

衝撃試験

衝撃試験は、短時間の試験であり、材料または部品の破壊挙動を示します。
行先 衝撃試験

衝撃試験向け製品

ツビックローエルはあらゆるアプリケーションに対して幅広いレンジの衝撃試験機を用意しています。衝撃試験機には、プラスチックと金属のアプリケーションに、振り子衝撃試験機と落重試験機を含みます。振り子衝撃試験機 5.5J~750J、100,000Jまでの落重試験機
行先 衝撃試験向け製品

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:ツビックローエル 5109 反発弾性試験機 PDF 290 KB
Top