ページコンテンツへ

繊維織物の試験;コーティング繊維とジオテキスタイル

EN ISO 13934-1, EN ISO 13937-2, EN ISO 9073-4, ISO 3303, EN ISO 12236, EN ISO 10319, ISO 4606


繊維織物で行われる試験は、最終製品の用途と同じように多種多様です。試験要件に応じて、織物の縦糸および横糸方向に平行に切り出された試験片はウエットやドライの状態で試験されます。

ツビックローエルは、これらのタイプの試験に理想的なソリューションを提供しています:幅広い種類の試験機、適切な試験片グリップ、チャック歯、あらゆるアプリケーションで実証されているtestXpertソフトウェア。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:繊維 PDF 4 MB

DN EN ISO 13934-1に準拠した繊維織物の引張試験

DIN EN ISO 13934-1に準拠した試験では、50 mm幅のストリップ試験片を標準の雰囲気と湿った状態の両方で、縦糸と横糸方向の両方で試験をします。

使用する生地の表面特性により、空気圧グリップが推奨されます。この規格では、最大荷重と最大荷重での伸び(クロスヘッド移動で測定)の測定が必要です。最大引張試験力:での伸びはクロスヘッド変位で測定します。
記載されている試験方法は、主に織物に適用されます; 他のファブリックにも使用できますが、通常、弾性ウェブ製品、ジオテキスタイル、不織布、コーティングファブリック、グラスファイバーファブリック、およびカーボンファイバーまたはポリオレフィンファイバーヤーンで作られた繊維生地には適用できません。

試験片の切り出しは、繊維ファブリックの材料仕様で規定されているか、関係者間で合意された方法で行われます。試験サンプルには、折り目、折り目、耳、または生地を代表しない領域があってはなりません。

伸びの測定システムはクランプ力の影響を排除した高精度の光学式伸び測定システムが使用されます。機械的な伸び測定システムは試験片の破断時にダメージのリスクが無い場合のみ使用する事を勧めています。

キャプスタングリップは、チャック歯が破損したり、平らなクランプジョーの滑りを防止できない場合に最適です。クロスヘッドによるひずみの測定は正確ではないため、伸び測定は光学式伸び測定システムで実行する必要があります。

EN ISO 13937-2 と EN ISO 9073-4に準拠した繊維の引裂き抵抗性

特別にカットされた試験片が引裂き進展試験で使用されます。EN ISO 9073-4に準拠した試験は台形の試験片に対して行われるため、幅広のチャック歯を使用する必要がある事に注意してください。グリップ力を均一に調整出来る空圧グリップを推奨します。

DIN EN ISO 13937-2に準拠した試験、いわゆるズボンの引き裂き試験では、ズボンの足に似せて切り取った試験片を使用します。この規格では、ズボンの形をした試験片の引裂力試験について説明しており、この試験では、試験片をズボンの脚のペアに似せて切断します。引裂き力は、カットに平行に力を加えた時に、このカット部のき裂が進展していくために必要な力であり、織物は力の方向に引き裂かれます。空圧グリップの使用を勧めています。

マークス & スペンサー法による試験

繊維ファブリックの加工における重要な品質特性の1つは、縫い目の縫目の滑り抵抗性です。

ここでの例は、マークス&スペンサーP12が衣類生地の縫い目滑り抵抗を試験するために開発したサポートです。この規格は、縫い糸によって引き起こされる、縫い目の近くの変位に対する衣類布の糸システムの抵抗の決定を定義します。

幅75 mmの布地試験片を空気圧グリップで保持し、縫い目が決められた距離だけ離れたときの力を測定します。次に、同じ材料で縫い目有りと無しの基準試験片の荷重-変位曲線を比較します。

マークス&スペンサー試験は正確に定義されており、変更してはなりません。当社は、以下のマークス&スペンサー試験機器の認定サプライヤーです。

P11, P12, P12A, P12B, P13, P13A, P14, P14A, P15 Part 1 及び P15A

ISO 3303 メソッド Aに準拠した破裂強度

破裂強度は、円形クランプの間に保持された試験片の一方向の均一に分布した破裂点までの圧縮荷重の増加に対する抵抗です。

この特性は、リングクランプと鋼球を備えた適切な材料試験機を使用して、ISO 3303メソッドAに従って、プラスチックまたはゴムでコーティングされた布で決定されます。

EN ISO 10319に準拠したジオファブリックと不織布ジオテキスタイルの引張試験

DIN EN ISO 10319に基づく、油圧試験片グリップを使用した、光学式ロングトラベル伸び計システムを備えた不織布ジオテキスタイルの引張試験。布の引張強度を決定するこの方法の主な特徴は、試験片の幅です。

基本的な試験では、一部のジオテキスタイルは引張荷重下で力の方向に対してある角度で収縮または”ネックダウン”する傾向があるため、試験片の幅(200mm)は長さ(100mm)よりも大きくなります。長い幅は”ネックダウン”効果を減らし、この領域で予想される製品の挙動により近くなります。

破断時に大きなエネルギーが放出される可能性があるため、光学式伸び計システムが使用されています。機械的な伸び測定システムは試験片の破断時にダメージのリスクが無い場合のみ使用する事を勧めています。

あるいは、高荷重の場合は、機械式試験片グリップを油圧式試験片グリップに交換する必要があります。

DIN EN ISO 12236に準拠した静的パンクチャ―試験(CBR試験)

DIN EN ISO 12236は、ジオテキスタイルおよび関連製品のパンクチャー抵抗性を決定する方法について説明しています。先端が平らなプランジャーを試験片に押し込んだときに発生する力を測定します。試験片は、油圧式エンドクランプのよって2つの鋼製リングの間に固定されます。

試験は通常、ある決められた天候でコンディショニングされた乾燥した試験サンプルを使用して実行されます。試験はほとんどのタイプの製品に適用できますが、開口部が10 mmより大きい材料には適していません。

DIN EN ISO 4606に準拠の繊維ガラスファブリックの引張試験

この例は繊維ガラスファブリックの試験です。国際規格では、織り繊維ガラスのほつれたストリップの破断時の荷重と伸びを決定する方法を記載しています。このメソッドは、未処理のガラスファブリックまたは強化材で処理されたガラスファブリックに適用されますが、プラスチックまたはエラストマーでコーティングされたガラスファブリックには適用できません。

ISO 4606に従って、50mm幅のストリップは、縦糸と横糸の両方向で破損するまで試験されます。200mmのクランプ長さで行います。規格に準拠して試験片を保持するには高いグリップ力が必要なため、空圧式試験片グリップを使用します。試験に使用する試験片は、生地を代表しないような折り目や耳、またはそういう領域であってはなりません。

関連する製品

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top