ページコンテンツへ

シングルアクチュエーター

油圧グリップ ダウンロード
材料
  • 金属
  • 木材
  • プラスチック
  • 繊維
  • フリース
  • 紙
  • フィルム
  • エラストマー
  • ジオテキスタイル
試験荷重
  • 10 kN - 250 kN
試験片形状
  • 平板試験片
  • 丸棒
  • 非対称試験片
試験タイプ
  • 引張
  • 圧縮
  • 繰返し

対称と非対称グリッピング

油圧グリップは試験荷重が50kN以上の試験,つまり掴み力もFmax10kNから2500 kNまで要求される試験に使用します。。

  • クランプ圧力は調節出来、高い精度で再現できます。
  • センシティブな材料にも最適のグリッピングが可能
  • 当社独自の 'Force Constant Hold' という掴み力を安定させるシステムによって材料のズレやグリップの変形から起きる予期せぬ引張りや圧縮荷重から試験片を守ります
  • 掴み力と引張り荷重の関係は個別に調整出来、最大引張り荷重時に約倍の掴み力が必要とされるようなケースでも試験片を安全に掴んでいます

 

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アドバンテージ
作動原理
ダブルサイドアクチュエーター
シングル、ダブルサイドクロージンググリップ
T溝システム

アドバンテージ

  • 油圧グリップはストロークの長い偏心ピストン構造となっており広いチャッキング面と大きな開口が特徴です。
  • チャック歯、グリップ、ピストンのアラインメントが取れており短い試験片にも対応します。
  • センシティブな材料にも最適のグリッピングが可能
  • 掴み圧が正確に再現出来ています。
  • グリップは3角度で試験機にセットアップ可能です (0°, 45°, 90°)。
  • グリップ端面がT溝構造となっており、小さなロードセル、追加のグリップ、試験冶具などをグリップを交換せずに取り付け可能です。(タイプ8392、10kNを除く)
  • プリズムチャック歯(V溝)は回転させて2種類のパターンで使用可能:丸棒と平板両方対応あるいは様々な径の丸棒に対応(対角線にV溝構造)
  • グリップの上下の開閉は上下個別にでも、片側だけでも自在にPCやリモートコントローラーにより実施出来ます。
  • 掴み力と引張り荷重の関係は個別に調整出来、最大引張り荷重時に約倍の掴み力が必要とされるようなケースでも試験片を安全に掴んでいます
  • 油圧グリップでは最適に試験片を取り付けていただける工夫が施されています。
  • 微調整可能な試験片ストッパーにより試験片取り付け時の垂直性が担保されています。
  • 簡単な試験片センタリングのために、センタリングストッパーが使用可能。
  • 安全性を考慮し、試験片取り付けには試験片トングも用意。

作動原理

グリップの必要な掴み圧力に応じて油圧源から油圧がセットされます。コントロールユニットが上下のグリップをそれぞれ開閉のプロセスを別々に制御しています。

さらに、標準の油圧源を使用している場合はグリップ締付プロセスは、閉じていくフェーズとグリッピングフェーズで区別されています。閉じていくフェーズでは安全上の理由から最初試験片の上部先端部をホールドします。グリッピング中はフルグリッピング力をかけています。グリッピング力は予想引張荷重を基に計算されています。

ダブルサイドアクチュエーター

全ての油圧グリップは両サイドからのアクチュエータータイプです。これはグリップはスプリングメカニズムではなく油圧で駆動するという意味です。開閉圧力は調整可能です。

スプリングメカニズムによって開口するシングルアクチュエーターとは違い、ダブルアクチュエーターではグリップが常に安全に開口します。この機能は試験片が曲がったり詰まった場合も適用されます。加えて、フルオープンは必要ありません、なぜならばストップボタンによりいつで開口をちょうど良い所で止める事が出来るからです。したがって、開口幅は試験片肉厚に応じて調整できます。特に薄い試験片の場合試験時間を短縮出来、グリップボディーのパーツの圧迫などのリスクを回避してくれます。

シングル、ダブルサイドクロージンググリップ

シングルアクチュエータータイプのグリップは対称、非対称両方の試験片に使用可能です(例えば、せん断試験等)。試験片の厚みはスクリューユニットで調整します。

シングルアクチュエータ油圧グリップでは、3つのシリンダーと同期することで試験片に均一荷重をかける事が可能となり、特に繊維や織物の試験に最適です

ダブルアクチュエータータイプの油圧グリップは引張軸に対して対称的に締付を行います。これにより試験片は常に軸方向に正確にグリップされるため肉厚による調整を必要としません。

T溝システム

T溝機構が採用されているため、重たいグリップを外すことなく小さなロードセル、グリップ、冶具などを素早く装着出来ます。

T溝はグリップの掴み近辺に設けられています。このT溝はマウント機構としての役割を果たします。T溝に沿って他の冶具をマウントしていただきます。この機構によりより早く安全に装着の作業が行えます。

荷重レンジに応じたプロパティー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトブロシャー:試験片グリップと試験冶治具 PDF 4 MB
  • プロダクトインフォメーション:油圧グリップ, Fmax 50 kN PDF 425 KB
  • プロダクトインフォメーション:クサビネジグリップ、Fmax 100 kN/250 kN まで PDF 638 KB
  • プロダクトインフォメーション:大きな開口幅の油圧グリップ、 Fmax 10 kN PDF 604 KB
  • プロダクトインフォメーション:ジオテキスタイル用油圧グリップ、Fmax 50 kN / 100 kN / 250 kN PDF 525 KB
Top