ページコンテンツへ

疲労試験

繰返し荷重下の材料の疲労

疲労試験は、ある周波数で繰返し荷重をかけ、材料を疲れさせる試験です。これには、引張りまたは圧縮の繰返し負荷試験、および引張りと圧縮のコンポーネントを使用した繰返し負荷試験が含まれる場合があります。

疲労試験での材料破断は、多くの場合、静的強度の限界を大幅に下回ります。

疲労試験の結果は通常、応力-荷重サイクル曲線の形式で示されます。ここでは、試験片が破断するまでのサイクル数が、応力の振幅に対してプロットされています。

疲労試験は特性値の決定に使用される一方、疲労寿命の決定にも使用されます。

材料の疲労

材料の疲労は、時間経過の中、周期的に繰り返される応力下での材料またはコンポーネントの損傷または破損として説明されます。 

材料の疲労は、塑性変形によって引き起こされ、最小形状ではマイクロ塑性変形と呼ばれます。この損傷は、継続的なストレス(亀裂の成長)とともに拡大し、最終的には材料またはコンポーネントの最終的な破壊につながります。

多くの損傷事例を調査すると、次のことがわかります:

  • 問題なくしばらく使用されていたコンポーネントが、突然壊れることがあります。
  • この損傷は一度の大きな荷重によって引き起こされた訳ではありません。
  • 損傷は、多くの場合、静的強度の限界を大幅に下回ります。
  • 荷重は長時間にわたり繰返し負荷されます。

周期的に応力がかかる構成部品の疲労寿命は限られています。したがって、重要なコンポーネントを実装する前に、疲労寿命評価、疲労寿命計算、または疲労試験を実行して、コンポーネントの耐久性推定(耐久性の決定)を行います。

疲労試験用試験機

動的試験機向けに弊社では様々なドライブタイプを用意しています。それぞれのメソッドにはそれぞれのアドバンテージや適切アプリケーションレンジがあります。ユーザーの一つ一つの試験要求に対して正しいソリューションを提供しています。

その他の試験

引張試験

引張試験は、引張荷重下での強度と変形挙動を特徴付けるために実施されます。
行先 引張試験

衝撃試験

衝撃試験は、短時間の試験であり、材料または部品の破壊挙動を示します。
行先 衝撃試験

落重試験機

落重試験機はある決められた高さからウエイトを試験片に落下させる機械的な試験です。
行先 落重試験機

高速引張試験

高速引張試験では、20 m / sまでの非常に高い負荷アプリケーション速度で平板試験片に対して試験が行われます。
行先 高速引張試験

硬さ試験

”硬度試験、は、別の(より硬い)ボディによる押込みに対するボディの抵抗です”
行先 硬さ試験

2軸試験

2軸試験-一軸試験と比べて-試験片は2つの軸力から負荷されます。
行先 2軸試験
Top