ページコンテンツへ

ISO11193-1-2、ISO 37 ゴム手袋の引張試験

使い捨て医療用手袋は、手術、検査、および看護活動の際に保護の役割を果たしています。最も重要な要件は、それらが空気、液体、および微生物に対して不浸透性であることです。天然ゴムまたはラテックス混合物の溶液中に型を浸すことによって製造されています。必要な厚さが達成されるまで浸漬および乾燥プロセスが繰り返され、その後手袋が硬化オーブン中で加硫されます。 

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

試験の目的

手袋を外す際や使用中に破れないように、手袋は十分な弾力性が必要です。それらが受けるストレスの例には、手袋に尖ったまたは鋭利な道具、異物または器具を引っ掛けるまたは持つことなどがあります。 

必要な機能、信頼性を担保するには、以下の機械的試験が重要です: 

  • 引き裂き強度試験は、継ぎ目がある場合とない場合の手袋、および人工的に老化した手袋について行われます。 
  • この試験は ISO 37に基づき行われます。 
  • 3本の肩付き試験棒を、長手方向軸と平行に、サンプル手袋の手のひら、背中、および袖口から打ち抜きます。構造的な場所には打抜きは行いません。 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top