ページコンテンツへ

プラスチックパイプ、パイプセクションの振子衝撃試験機による衝撃試験

ISO 7628-2, ISO 3127, ISO 9854-1, ISO 9854-2
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

試験の目的 - それぞれの規格に基づき目的は異なります

  • パイプの完全なセクションの衝撃試験は、通常非計装化落重試験機で行われます。
  • 自動車エンジニアリングのブレーキシステムに使用されているような小さなパイプ径は、7.5 J振子を備えたシャルピー振子衝撃試験機を使用して、 ISO 7628-2 に準拠して試験を行います。ISO 179-1のプラスチック振子衝撃試験機がベーシック装置として用いられます。振子ハンマーのタップは、この規格に従って特別に設計されていますが、パイプセクションのアンビルは、パイプの直径に対応するためのポリマーインサートを備えた金属パーツで構成されています。
  • この試験、-40℃の温度で実行される低温衝撃試験です。 衝撃を受けた後、パイプのセクションに亀裂や破損がないか検査され、衝撃強度という形の測定値は決定されません。
  • 完全なパイプセクションでの衝撃試験に加えて、より大きなパイプ直径を持つパイプ材料の科学的評価のために、例えば、 ISO 3127に準拠して、ISO 9854-1に準拠したパイプセクションの測定も実行できます。このプロセスはISO 179-1に準拠したシャルピーメソッドのスペシャルバージョンです。ISO 179-1から15ジュールか50ジュールどちらかのハンマーを使用します。ISO179-1の標準的なアンビルをサポートとして使用します。標準バーの場合は70mm、小さな試験片の場合は40mmのスパンで使用されます。パイプ軸に対して直角に採取された湾曲した試験片を試験する場合は、特別なアンビルが必要です。
  • ISO 9854-1 に対応した試験は異なる温度で実施されることがあります。試験片は冷却ボックスでコンディショニングされ、取出し後10秒以内に試験を実施しなければなりません。得られた結果は亀裂と破損の評価であり、30回の個別の試験で構成される一連の試験内の故障率として計算されます。
  • ISO 9854 Part 2は、さまざまなポリマー材料で作られた試験片の正確な試験条件を規定しています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top