ページコンテンツへ

最終繊維製品の試験

EN 71, BS 4162, EN 1492, BS 3084


私たちは日常、繊維で作られたバッグのストラップ、ボタン、おもちゃなど、無数の繊維製品とふれあっています。それらは常に一定の荷重を受け、安全基準(ボタン、ストラップ、ベルトコネクタなど)を確実に満足するには、特定の品質特性を満たさなければなりません。現実に使用される状態を再現すると、試験には複雑なアレンジ、特別な試験片グリップ、および信頼性の高い試験結果が求められます。ツビックローエルは、多種多様なタスクをカバーする幅広い製品ポートフォリオを提供しています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:繊維 PDF 4 MB

BS 4162に準拠したスナップの引張試験

上記のアプリケーションでは、スナップの単純な閉鎖力とスナップの引き抜き強度がBS 4162.に従って試験されます。

試験アレンジは2つのパートから構成されます:

  • 下部試験体保持クランプ
  • そして、グリッパートング。

繊維ファブリックに付いているスナップを下部保持クランプに入れ、しっかり保持します。リングをファブリックに押し込み、同時にファブリックをしっかりと引っ張ります。スナップの上部を手動で押します。次に、スナップの上部をグリッパートングに固定します。コネクションのは一切の引張荷重をかけてはいけません。

引張試験は、プッシュボタンコネクションの最大荷重を決定するために行われます。試験結果は典型的な応力変位曲線で示されます。

ISO 71に準拠したぬいぐるみの引張試験

EN 71 は、おもちゃの機械的および物理的特性を試験するための要件と方法を定義しています。

上記の例では、ぬいぐるみの四肢の強度と縫い目のつなぎが試験されています。おもちゃは円形の開口部を持つデバイスに挿入されます。開口部は、試験中にぬいぐるみを引き抜くことができないように設計されています。この場合、ぬいぐるみや手足を保持するために、単純なねじ試験片グリップが使われています。

ツビックローエルは、さまざまなタスクに対応するため下部クランプ、ツール、試験片グリップを幅広いラインアップで用意しています。

BS 3084のジッパーの引張試験

BS 3084では、色々なタイプのジッパーに対して様々な試験オプションについて記載しています。

上記の例はプラスチック製ジッパーの特性値を決定する試験です。ジッパーの保持のために、ジッパーの繊維部分を掴みます。

引張試験はジッパーに対して垂直に行われ、ジッパーが壊れるまで試験されます。最大荷重を計測し、試験結果は典型的な応力変位曲線で示されます。

DIN EN ISO 1492のベルトコネクターの引張試験

ループ、ノット、またはクリップ状のベルトコネクターは、安全関連の特性について試験されます。

示されている例では、ステッチング、安全クリップ、またはベルトに影響を与える最大荷重が決定されます。ベルトはローラーグリップに巻かれ、しっかりと保持されます; 反対側では、ブラケットは空気圧式試験片グリップでクランプされます。

EN 1492に従って引張試験が行われ、コネクション全体の最大荷重が決定されます。

荷重変位ダイアグラムはクロスヘッドを介して記録されます; 追加の測定システムは必要ありません。ツビックローエルは、規格に沿った再現性の高い試験を行うために、さまざまな試験片グリップと機械タイプを備えた幅広いぴうろダクトポートフォリオを用意しています。

関連する製品

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top