ページコンテンツへ

熱たわみ温度(HDT)及びビカット軟化温度(VST)の測定

ISO 306、ASTM D 1525、ISO 75、ASTM D648

熱可塑性プラスチックは、固体から液体状態への変遷を示す正確な融点がありません。代わりに温度が上昇するにつれて徐々に軟化します。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

ビカット軟化温度 VST ISO 306及びASTM D1525

したがって、ビカット軟化温度は、融点の代替値を測定するテクノロジーとして使用されます。これは、10Nまたは50Nの標準荷重下で断面積1mm²の円形の圧子が試験片に正確に1mmの深さで侵入する温度を示します。ビカット軟化温度ISO 306ASTM D1525 で規定されています。

ISO 75及びASTM D648の熱たわみ温度(HDT)

別の測定基準は角柱状試験片が曲げ荷重を受け、ある決められた温度上昇まで温められる 熱たわみ温度(HDT)です。熱たわみ温度に達すると、試験片は規格で定義されたたわみに達します。この温度値は選択した荷重、試験片の形状、加熱速度、および選択したたわみに依存するため、熱たわみ温度はさまざまな材料を比較できる値です。ある温度でのプラスチックの熱たわみ温度の測定は、材料の内部応力によって重ね合わせることができます。試験方法はISO 75ASTM D 648に記載されています。

熱伝達法

  • ある決められた温度上昇で熱が伝達されるため、この試験方法では試験片への熱伝達が重要です。
  • 古典的な方法は、通常はシリコーンオイルである伝熱流体を使用します。試験片と転写媒体を十分に接触させることにより、高度な比較精度を備えた試験結果が得られます。
  • さらに、熱伝達のさまざまな代替方法が長年にわたって規格で確立されています。1つは、ビカット Dモデルに技術的に実装されています。この方法では、試験片は2つの加熱されたプレート間の接触熱伝達によって加熱されます。この方法はシリコンオイルの使用を必要としません。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top