ページコンテンツへ

糸、ヤーン、紐の試験

EN ISO 2062, EN 12562, DIN 53835-2, -3, ISO 11566

これらの一次繊維材の物理的特性は、関連する規格で指定されている試験片の準備を行った上で主に引張試験によって決定されます。

ツビックローエルには、繊維試験用の最適な試験機と伸び計があり - 最も重要なのは - 正しい試験片グリップとチャック歯によって信頼性の高い試験シーケンスを提供しています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:繊維 PDF 4 MB

DIN EN ISO 2062に準拠した裁縫用糸の引張試験

裁縫用糸の引張試験はDIN EN ISO 2062に準拠して行われます。この例では、スクリューグリップを使用、ひずみはクロスヘッドの変位量によって測定され、結果は典型的な応力-ひずみの曲線で示されています。

グリップ間距離は250mmか500mmです。試験スピードはグリップ間距離によります。250 mmのグリップ間距離では250 mm/minが使用され、500 mmのグリップ間距離では500 mm/minが必要です。最大引張応力と最大ひずみが決定されます。

DIN EN ISO 12562に準拠したアラミド繊維の引張試験

アラミド繊維の引張試験はEN ISO 12562に準拠して行われます。たわみ試験片グリップが使用され、結果は典型的な応力-ひずみ曲線で示されます。

フォースリダクションカーブにより、試験中にある決まったグリップ間距離を可能にします; したがって、試験中に直接伸びの測定を行う必要はありません。

フォースリダクションカーブはクランピングを終えた後の引張の荷重を低減してくれます。試験片はチャック歯が破損しないようにしっかり、とグリップされ、試験は規格に沿って行われます試験片はディフレクター内では無く、クランプしていない箇所で破断する必要があります。

伸びの測定システムはクランプ力の影響を排除した高精度の測定で使用されます。機械的な伸び測定システムは試験片の破断時にダメージのリスクが無い場合のみ使用する事を勧めています。

DIN 53835-2, -3に準拠した弾性ヤーンの弾性挙動

この規格では、試験は、一定のオフセット耐力間で引張荷重を繰り返すことにより、エラストファイバーのモノフィラメントの弾性挙動を評価しています。この規格は、300%を超える伸びを持つ弾性ヤーンから作られたすべてのフィラメントヤーンに適用できます。

弾性ヤーンの試験(この場合、グリップ間距離が100 mmの場合の0%から300%の伸び)には、破断までではなく、定義されたオフセット耐力の間で5サイクルの負荷を行います。試験片は、荷重の負荷点(300%の伸び)と除荷点との間で500 mm/min移動します。結果をゆがめないために、反転ポイントでの遅延があってはなりません。

残留応力は5番目のサイクルで決定され、残留ひずみと弾性ヤーンの変形が決定されます。この例では、スプリングスクリューグリップを使用、ひずみはクロスヘッドの変位量によって測定され、結果は典型的な応力-ひずみの曲線で示されています。

EN ISO 2062に準拠した2‐撚糸の引張試験

空気式キャプスタングリップは、EN ISO 2062準拠の2-撚糸を試験するときに使用され、伸びはクロスヘッド変位によって測定されます。試験結果は典型的な応力-ひずみ線図で示されます。デフレクターの半径のため、500 mmのクランプ長さを使用する必要があります。

フォースリダクションカーブにより、試験中にある決まったグリップ間距離を可能にします; したがって、試験中に直接伸びの測定を行う必要はありません。

フォースリダクションカーブはクランピングを終えた後の引張の荷重を低減してくれます。試験片はチャック歯がダメージを受けないように安全にクランプされます

試験は規格に沿って行われます。試験片はディフレクター内では無く、クランプしていない箇所で破断する必要があります。

伸びの測定システムはクランプ力の影響を排除した高精度の測定で使用されます。機械的な伸び測定システムは試験片の破断時にダメージのリスクが無い場合のみ使用する事を勧めています。

EN ISO 2062に準拠したマルチフィラメント撚糸の引張試験

マルチフィラメント撚糸は、滑らかな質感とねじれる傾向があるため、追加の試験アレンジが必要となります。この場合、材料はロープグリップでクランプされ、ひずみはクロスヘッドでは正確に測定出来ないため、光学式ロングトラベル測定システムで伸びを測定します。規格 DIN EN ISO 2062 もこの試験に適用されます。

この試験片グリップのグリップ力は、ループと追加スクリュー、くさび、または油圧エンドクランプによって生成されます。ロードリダクションローラーの単一または複数のループにより、引張応力は摩擦接触によって大幅に緩和されます。使用する材料に応じて、Ø30 mm〜Ø250 mmのローラー径が使用されます。

ISO 11566に準拠したモノフィラメントの引張試験

ISO 11566に準拠したモノフィラメント試験では、炭素系マルチフィラメントファブリックまたはステープルファイバーの個々のファイバーを試験します。

図に示すように、紙のフレームを使い、試験片をスプリングスクリューグリップに固定します。モノフィラメントは非常に小さく、掴みに非常に敏感であり、取り扱いが難しい材料です。このため、中央に穴が開いたペーパーフレームを補強材として使用しています。フィラメントはペーパーフレームに接着されます。接着剤が乾いたあと、試験片をグリップでクランプします。ペーパーフレームは試験前にカットします。0.04 - 5Nの非常に小さな荷重が発生します。伸びはクロスヘッド変位で測定しています。

ロービング糸の引張試験

ロービングは270°キャプスタングリップでクランプされ、破断まで試験を行い、試験結果は典型的な力-変位曲線で示されます。

フォースリダクションカーブはクランピングを終えた後の引張の荷重を低減してくれます。試験片はチャック歯がダメージを受けないように安全にクランプされます。試験は規格に沿って行われます。試験片はディフレクター内では無く、クランプしていない箇所で破断する必要があります。

伸びの測定システムはクランプ力の影響を排除した高精度の測定で使用されます。機械的な伸び測定システムは試験片の破断時にダメージのリスクが無い場合のみ使用する事を勧めています。ほとんど場合、光学系伸び計を使用します。

ダブルキャプスタングリップで引張試験

たわみの原理により、2段階の力の勾配が生じ、下部ローラーでの試験片の滑りやチャック歯の破損なしに、標点間で試験片が破断します。シンプルな引張試験で最大応力と最大ひずみを測定します。試験結果は典型的な応力-ひずみ線図で示されます。

ダブルキャプスタングリップで、試験片はスリング形状でロードセルに接続されたローラー上に配置されます。それから試験片を下部ローラー上にガイドさせ、高さ調整可能な3番目のローラーに再びガイドさせます。撚糸を巻き付けた後、所定の予荷重用ウェイトが取り付けられます。この段階では、予荷重用ウェイトよって起きる伸びのバランスをとるために、3つのローラーすべてが動いています。

3つのローラーの高さは試験される材料に応じて調整可能です。最後に、試験体はグリップにしっかりとクランプされます。

試験片グリップを閉じ、ディフレクションローラーがロックされ、ここでローラーと試験片の間に摩擦力が生じ、試験片の滑りが防止されます。ローラーの径は発生する摩擦が試験結果に影響を及ぼさない範囲で決めていただきます。

試験される材料はクランプ領域から滑ることが多いため、一定のグリップ力を持つ試験片グリップが使用されます。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top