ページコンテンツへ

ステントの試験

 ステントは血管への挿入、血管からの引抜き時に重たい荷重を受けています。こういう負荷は使用前に試験をしなければなりません。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

ステントの半径方向への圧縮試験

精度の高い材料特性値を得る中で、半径方向への圧縮強さはステントにとって最も重要な試験です。ステントは狭い血管内でもしっかりとポジションされ血管の収縮を防ぐのに十分な半径方向への耐性が保たれなければなりません。ASTM F3067 では 半径方向へのバルーンによる拡張及びステント自身の拡張圧縮試験が記載されています

ツビックでは小型試験機 zwickiLine を使い、人体の温度をシュミレーションするために37℃のチャンバーを装着した試験ソリューションを提供しています。半径方向の力を測定するBlockwise による半径方向の圧縮冶具は様々な径や長さのステントを試験するために特別にデザインされています。この試験では動脈によるステントに対する圧力及び表面に一様に分散した圧力をシュミレーションするクサビグリップによる戻る力を測定します。ステントが挿入され、半径方向に予め設定された径まで圧縮、その後解放。testXpert III 試験ソフトウェアが試験プロセスをサポートし測定を行います。自己変形補正するばかりではなく、ツビックローエル試験機から生ずる試験中の微細な摩擦や感勢力までも考慮しています。

ワイヤーやステントストラットの非接触ひずみ測定

ステントシステムのシュミレーションには詳細な材料特性が必要となります。ステントシステム全体の試験に加え、構成部品であるワイヤーやステントストラットに対しても試験を行う場合があります。この試験には、引張強さ、破談時のひずみに加え最小降伏点の測定などが含まれます。これは1軸引張荷重下において材料が永久伸びを示さない荷重を測定します。ひずみの測定を効率的かつ高精度で行うには伸び計を使用します。伸び計で直接材料の変位を測定するため不確からしさは劇的に減少します。

ツビックローエルは幅広いレンジの試験機と多くの伸び計を提供しています。試験アプリケーションに応じて最も最適な伸び計を選択することが重要です。試験測定中に試験片に接触するかどうかが大きな差です。クリップオン伸び計は最も安価なソリューションですが、直接試験片に取り付け試験片にダメージを与える事もあるため時に測定結果に誤りが出る時もあります。細いワイヤーなどの測定にはこの点はリスクとなります。クリップオン伸び計そのものの重さによって試験片に曲げモーメントがかかるリスクもあります。さらに、ナイフエッジがスリップしワイヤーにダメージを与える危険性もあります。安全かつ高精度なひずみの測定には非接触タイプの伸び計を使用する事をお勧めしています。

ツビックローエルの非接触伸び計、 レーザー伸び計 は様々な材料の引張、圧縮そして曲げ試験用に作られています。レーザー伸び計は試験片表面にスペックルパターンを作り、そのパターンをデジタルカメラで記録しながら変位の測定を行います。このパターンは試験片表面に仮想のゲージマークを作り、荷重を受け変位していく動きを特殊なアルゴリズムを使いトラックしていきます。2つの画像を評価する事で分可能 0.15μm 以下で試験片の変位を測定しています。この非接触ひずみ測定はまたニチロール製のステントに対してもFEMシュミレーションの高精度な材料特性値で使用出来ますー試験の最初から破断まで。
ツビックローエルは様々なレーザー伸び計のモデルを提供しています。レーザー伸び計 Compact タイプではカメラを1つだけ使い測定しており短い試験片や薄い試験片に最適です。このレーザー伸び計は ISO 9513Class 0.5 (ASTM E83Class B2) の要求に準し、ツビックローエル全てのテーブルトップタイプとフロアタイプの AllroundLine 材料試験機とともに使用出来ます。さらに高精度で極小の変位を測定するには レーザー伸び計 Compact HPも提供しています。このタイプは分解能0.04μm 実現しました。

レーザー伸び計ではほんの2、3秒で様々な標点間距離の設定が出来ます。加えて、装着脱も容易に行え、試験プロセスを大きく自動化することが出来、試験に必要な人的資源や時間も節約できます。これにより試験の質を高めることが可能となります、なぜならば自動化により様々な影響を軽減でき生産プロセスの1つに効率的に試験をフィットさせる事が出来るからです。温度チャンバーを使った試験もまた可能となっています。

圧縮/捻り荷重下での疲労強度

ツビックローエルによるもう一つの開発は周期的な繰返し荷重下でのステントの疲労強度です。ステントの耐久性を測定するためにツビックローエルは30個のステントを同時に試験できる冶具を開発しています。この冶具は捻りドライブ(1Nm)が付いており、HC 10 油圧サーボ試験機 (10 kN) と一緒に使用し ステントに圧縮と捻り荷重を繰り返しかえて疲労強度を測定しています(5 Hz at ± 60°)。ステントを掴んで固定しているエリアは 液槽の中に置かれ、生理条件の下で試験を行います。

ステントの半径方向への圧縮試験

ツビックローエルのzwickiLine材料試験機によるステント半径方向への圧縮試験

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

FDA 21 CFR Part 11に適ったトレーサビリティー、改ざん防止の試験結果

トレーサブルで改ざんされていない試験結果
  • ソフトウェアには医薬品業界で近年重要の高まりを見せるドキュメンテーションのトレーサビリティーの機能が盛り込まれています。
  • トレーサビリティーオプションでは、testXpert III は全てのアクション、試験前、試験中、試験後の変更、をログデータとして残し、試験結果やドキュメンテーションをトレーサブルにしていますので、改ざんなどの行為から全てを保護します。
  • 電子記録や電子署名などの機能を備えたユーザーマネージメントは試験結果の改ざんを防止します。
  • 個々のお客様の企業内部における徹底したプロセス管理とあいまって、このソフトウェア機能はFDAの21CFRパート11の要求を全て満たしたツールとして活用いただけます。
  • ツビックローエルはさらにバリデーションの一環である(DQ/IQ/OQ)のサービスパッケージも提供しています。
  • testXpert III はすべての試験、アクション、設定のデータログを記録、したがっていつでも質問には答えることが出来ます、”いつ、だれが、何を、なぜ、そして誰の責任で?” 

testXpert IIIオプション
トレーサビリティに関してもっと詳しく

Top