ページコンテンツへ

天然、人工バイオマテリアル向け試験冶具

移植技術の開発には、天然バイオマテリアルの特性値が欠かせません。 

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

ひずみゲージを使ったヒト大腿骨への負荷試験

この試験は移植された骨のプロテーゼがどの程度骨を硬くするか、つまり骨を負荷からどの程度守るのかを検証するために行われます。ヒトの大腿骨がツビックローエルのAllroundLine 20kN にベアリングを装着し、横荷重を防いだ状態で置かれます。それから大腿骨のヘッドに縦方向の荷重で力を加えます。骨の表面へひずみゲージを貼りプロテーゼの移植前移植後の骨表面の状態を比較します。 

ヒトのヒザジョイントへの負荷試験

負荷ベアリング試験ではヒザジョイントから発生する力を測定します。

羊の骨の曲げ試験

羊の骨の3点曲げ試験は骨折治癒機転後の骨の曲げ強さを測定します。このため、骨折後の骨を固定しあるいは型で端を固定し、zwickiLine Z0.5 テーブルトップタイプマシーンで負荷をかけていきます。試験片が所望の角度に回り、骨全体の曲げ強さが測定出来るように設計されています。このようにして得られたデータは骨折後の治癒の様子を再現するFEMシュミレーションの1つとして使われます。

組織工学構造の機械特性値の評価(圧縮およびクリープ強さ)

バイオマテリアルの研究には実際に出来るだけ近い状態での試験環境が求められます。このため、この分野における試験は液槽や培養状態で試験が行われる事があります。このアプリケーションでは骨髄の細胞を担体材料に適用し、繰返し負荷下で液体栄養素中で培養しています。 

このため、温度37℃、100%湿度環境下で極めて小さな力で繰返し試験を行います(ツビックローエル機械式アクチュエーターを使用)。荷重をインキュベーターに組み込まれたダイを介して上方から試験片に加え、液体栄養素に浸した試験片をCO2またはN2に浸してpH 値を調整しています。伸びは30~100mmです。 

膝代替材料の試験は、Scaffolds内の骨細胞を用いて、インビトロで= 1μmを超えるひずみを伴う繰返し負荷行ってシュミレーションされます。これらの骨代替材は、インプラント上の骨折治癒または組織および骨細胞の成長を促進し、患者の体内の他の場所から骨を移植する必要が無くなります。 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top