ページコンテンツへ

テクスチャー分析および粘度試験用試験冶具

テクスチャ分析用パンクチャ―ニードル

  • アプリケーション:パンクチャ―試験は、1925年にゼラチン物質の特性評価に最初に使用されました。
    • 果物と野菜の鮮度レベルの決定
    • 焼き菓子の鮮度レベルの決定
  • 試験片材料: 果物、野菜、焼き菓子
  • 機能の説明:パンクチャ―ニードルは、さまざまな食品の鮮度を測定するためのパンクチャ―試験に使用されます。

    ニードルは試験片のある決められたペネトレーション深度まで差込まれます。ペネトレーションによって際立った荷重低下が目に見えて発生します。

アプリケーション 機能説明 アドバンテージ

  • アプリケーション:液体やペースト状の物質の粘度の試験
  • 試験片材料: 液体とペースト状の物質(例、ヨーグルト、ソース、油、ジャム)
  • 機能の説明:バック押出し治具の原理は、ピストンと後方押出しセルの間の環状ギャップを通る試験材料の変位に基づいています。

    試験体はセルの中で負荷を受けます。ピストンがセル内で下降、それによって環状ギャップが発生し、材料上向きに押し上げます。ピストンが上がると、材料は環状の隙間を通ってセルに戻ります。

  • アドバンテージ:
    • 試験サイクルは、自由に選択した断速度で、必要に応じて何度でも繰り返すことができます。試験は試験材料に最適に適合させることができ、粘度は1回の試験でせん断範囲全体にわたって測定できます。
    • 粘度は、製造中のコンテナ内で直接測定できます。これにより、トランスフィルによる材料のプレストレスが排除されます。
    • 生産工場で発生する流れの影響は、環状ギャップと移動速度を変更することで再現できます。
    • より大きな環状ギャップを使用すると、フルーツ調製品の試験も可能です。
    • 必要に応じて、材料の自動前処理も可能です。
    • 調整補助により、環状ギャップをすばやく簡単に設定できます。
    • アラインメントピン付きのインサートプレートにより、クリーニング後のピストン取付時に正確に位置決めが可能です。
    • ニュートン流体試験結果は、回転粘度計による測定結果と相関しています。非ニュートン流体の再現性については、通常、回転粘度計から得られるものよりも感度の高い特性を持つ、比較可能な試験結果が得られます。

圧縮ダイ

  • アプリケーション:硬さ、半固体品の硬さや感圧性の試験、例えば、積重ねや経年劣化の寄与同など
  • 試験片材料: バター、チーズ、果物、パスタ、その他類似の材料
  • 機能の説明:圧縮ダイは、圧縮ダイホルダーにねじ込まれています。圧縮試験中、圧縮ダイは試験片に食い込んでいきます。
  • アドバンテージ:スクリュー接続で簡単、迅速な交換

3点曲げ試験冶具

  • アプリケーション: 

    • 焼き菓子、チョコレートバー、ミューズリーバーの破壊強度の測定
    • 野菜の鮮度レベルの決定
    • ISO 178 及び ASTM D790 準拠の試験
  • 試験片材料: 焼き菓子、チョコレートバー、ミューズリーバー、野菜、プラスチック

Warner -Bratzler せん断デバイス

  • アプリケーション:
    • 魚、肉、焼き菓子を食べるときの”噛みごたえ”(犬歯)のシミュレーション
    • 肉および魚製品の柔らかさ/靭性の決定
    • ペストリーのせん断挙動の決定
  • 試験片材料: 魚、肉、パスとリー
  • 機能の説明:Warner-Bratzler切断装置は、円形または長方形の試験片を置くことができるスロット付きブレードガイドと、ブレードホルダー付きのブレードで構成されています。ベースフレームは試験片をマウントするために使用されます。試験中、このフレームはブレードをガイドします。
  • アドバンテージ:良好な試験結果の再現性が意味するところは、試験が非常に頻繁に実施され、一種の”標準”として機能することです。

Kramer せん断セル

  • アプリケーション:
    • 食物の一噛みのシミュレーション
    • 果物や野菜の小片、シリアルなどのテクスチャー挙動の決定。
  • 試験片材料: 果物、野菜、シリアル、類似材料
  • 機能の説明:Kramer せん断セルは食物の一噛みのシミュレーションを行います。

    これは、試験片の材料が置かれている上部と下部のスロット付きセルと、長方形のブレードを備えたブレードユニットで構成されています。ブレードは、挿入された試験片材料を一定の速度で駆動し、セルの床に押し込まれるまで圧縮およびせん断します。その結果、力-変位または力-時間のデータが得られ、そこから試験片が咀嚼運動にどのように反応するかを知ることができます。押し出された試験片の材料は、ユニバーサルアワークプラットフォームに収集されます。

  • アドバンテージ:ブレードは、単一の場所だけでなく複数の場所での同時測定を可能にし、局所的なテクスチャの変化を均一にします。

Ottawa セル (OTMS セル)

  • アプリケーション:
    • 果物の硬さ/軟らかさの決定
    • ミューズリー、コーンフレークの硬さ/軟らかさの決定
  • 試験片材料: 果物、ミューズリー、コーンフレーク、類似材料
  • 機能の説明:Ottawa セル (OTMS セル)は咀嚼挙動のシュミレーションに使用されます。これは、食品試験体を圧縮して押し出すことによって行われます。セルには、さまざまな押し出しプレートを挿入できるオープンフロアがあります。

    円形または長方形のプランジャーは一定の速度で下向きに移動し、試験片を圧縮して押し出しプレートに押し込みます。得られる結果は力/時間、力/変位曲線です。歯切れ、硬さ/硬さ、熟度、押し出しエネルギーなどのパラメータは、曲線のタイプから決定できます。

  • アドバンテージ:
    • セルに使用できるさまざまな押し出しプレートまたはシーリングプレート。
    • さまざまな容量に対応できる適切なリダクションインサート付きのプランジャー。

生地の引張試験冶具

  • アプリケーション:
    • 生地とグルテン(タンパク質結合剤)の引張試験により、生地の特性(弾性、生地ストリップの破断時の力など)を決定し、最適で一貫性のある生地配合を求めます。
    • チューインガムの弾性特性の決定
  • 試験片材料: 生地、グルテン、チューインガム
  • 機能の説明:生地の引張試験冶具試験片準備ユニットと試験治具から構成されます。紙片が試験片準備ユニットに挿入されます。生地を注ぎ、溝に押し込みます。

    指定された時間の後、紙片と一緒に生地の1つが試験テーブルに置かれます。紙を引き剥がし、試験片を試験治具に挿入します。生地フックが生地を下から引っ張ります。

  • アドバンテージ:破損を防ぐために、プラスチックカバーを生地フックの上に置くことができます。

バターカッター

  • アプリケーション:バターおよび同様の切断可能な食品の硬度および切断性の決定
  • 試験片材料: バター、チーズ、卵、野菜、果物
  • 機能の説明:バターカッターは、バターや同様の食品の硬度と切削性を測定するために使用されます。バターはユニバーサルプラットフォームに配置されます。ワイヤーがバターをスライスし、要した力が記録されます。硬度や展延性などのバターの特性に関する情報は、力-変位曲線から取得できます。

    試験は温度に大きく依存するため、定義された温度で実行する必要があります。

はく離可能なパッケージ用のふたのはく離試験キット

  • アプリケーション:ピールオフパッケージのシールシームの試験 寸法的に安定した、または剛性のあるパッケージのカバーまたはシール材を剥がす(ピール試験)
  • 試験片材料: カバー、シーリング材料
  • 機能の説明:はく離試験キットは、寸法的に安定した、または剛性のあるパッケージのカバーまたはシーリング材を剥がすために使用されます。梱包は、スライド式キャリッジによって自動的に追跡されます。はく離点は常に試験軸に配置され、90°の一定のはく離角度を保ちます。これにより、均一で再現性のある力の測定が保証されます。

    固定クランプは、カバーがスムーズに開かないために発生する可能性のある試験軸からの偏差を低減します。

  • アドバンテージ:
    • このデバイスは、さまざまな形状と高さのパッケージを試験するために使用できます。垂直方向に調整可能なホールドダウンクランプは、さまざまな高さにすばやく調整できます。ホールドダウンクランプを使用することで、さまざまなパッケージ形状をテストできます。
    • 試験デバイスは、さまざまなパッケージ形状に合わせてすばやく簡単に調整できるため、生産ラインから直接取り出したパッケージで試験を実行できます。
    • 試験片サポートテーブルとハウジングは、つや消しステンレス鋼で作られています。

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

食品試験のアプリケーション

テクスチャ分析向け試験治具

ツビックローエルは、標準的な試験治具から、テクスチャ分析用のカスタマイズされたソリューションまで、幅広い選択肢を提供しています。
行先 テクスチャ分析向け試験治具

粘度測定用試験治具

回転粘度計の代替としてのバック押出治具—ピストンとセルの間の環状ギャップを介した試験材料の変位。
行先 粘度測定用試験治具

食品&包装

ソーセージやチーズの硬さ、ヨーグルト、マスタード、トマトペーストの濃度、あるいは蓋を簡単に閉める事が出来るかどうかを試験する場合でも、ツビックローエルには、独自の試験ニーズを満たすためのカスタマイズ可能な試験治具を幅広く用意しています。
行先 食品&包装

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:Kramer せん断セル PDF 402 KB
  • プロダクトインフォメーション:バック押出し具 PDF 485 KB
  • プロダクトインフォメーション:Warner -Bratzler せん断デバイス PDF 281 KB
  • プロダクトインフォメーション:テクスチャ分析用パンクチャ―ニードル PDF 277 KB
  • プロダクトインフォメーション:圧縮ダイ PDF 148 KB
  • プロダクトインフォメーション:Ottawa セル (OTMS セル) PDF 5 MB
  • プロダクトインフォメーション:生地の引張試験冶具 PDF 374 KB
  • プロダクトインフォメーション:バターカッター PDF 142 KB
  • プロダクトインフォメーション:はく離可能なパッケージ用のふたのはく離試験キット PDF 98 KB
Top