ページコンテンツへ

粘度測定

食品業界では、ヨーグルト、ソース、マスタード、トマトペースト、油が頻繁に試験される製品です。薬用ジェル、カラー、エマルジョン、クリーム、オイルは他の業界の例です。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:食品&包装 PDF 2 MB

粘度

粘度という用語は、流体システムの流動挙動を表します。2つの流体層を相互に移動させることにより、流体の動きが流れ抵抗と呼ばれる抵抗(剛性と内部摩擦)を生み出します。粘性力は、流体の複数の層を異なる速度で移動することによって生成されます。これにより、速度の速いレイヤーの速度が遅くなり、遅い速度レイヤーの速度が速くなります。これらのプロセスは物理法則に従い方程式で定義でき、せん断速度(速度勾配)とせん断弾性率が因子になります。粘度は常に温度に左右されます。例えば、粘度測定は、一貫性に関してペースト状物質を最適化するために、または生産ラインに最適に調整するために実行されます。

回転粘度計の代替としての後方押出し治具

ツビックローエルのバック押出し治具は、回転粘度計に対する代替ソリューションを提供します。バック押出し治具の原理は、ピストンと後方押出しセルの間の環状ギャップを通る試験材料の変位に基づいています。セルに試験物質を充填し、ピストンを容器内に下げ、材料を環状の隙間から押し上げます。ピストンが上がると、材料は環状の隙間を通ってセルに戻ります。

力は、定義された位置で下降および上昇サイクルで測定されます。動的粘度は、測定された力の差と環状ギャップ内の液体の流量から評価されます。

ツビックローエルのシステムは、自由に調整可能なせん断速度で、このサイクルを必要なだけ繰り返すことができます。試験は試験材料に最適に適合させることができ、粘度は1回の試験でせん断範囲全体にわたって測定できます。

このメソッドのアドバンテージ

  • 粘度は、製造中のコンテナ内で直接測定できます。これにより、トランスフィルによる材料のプレストレスが排除されます。生産工場で発生する流れの影響は、環状ギャップと移動速度を変更することで再現できます。
  • この方法では、果物の準備や食品システムなどの分厚い部分のある塊の試験が可能です:果物の部分やその他の大きな成分は押し出されないため、ヨーグルトや液体と一緒に測定されます。
  • 試験サイクルの数を個別に選択し、これらの各サイクルのせん断速度を上げることにより、1回の試験でせん断速度全体の粘度を記録できます。
  • ニュートン流体の試験結果は、回転粘度計による測定結果と相関しています。非ニュートン流体の再現性については、通常、回転粘度計から得られるものよりも感度の高い特性を持つ、比較可能な試験結果が得られます。

testXpert IIIの利点 粘度試験用に特別にデザインされた試験プログラム:

この特別な試験プログラムには、特に粘度試験用に多数の追加機能が含まれています。例:自動プレコンディショニング、サイクル数と速度の決定、結果の選択など。試験ソフトウェアは明確に構成されており、データの包括的な評価と表示、およびグラフィカルな評価とレポートが可能です。

ヨーグルトの粘弾試験

zwickiLineによるヨーグルトの粘度試験、食品業界

 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

食品試験冶具

食品業界は、テクスチャ分析から粘度試験まで、さまざまなアプリケーションもカバーしています。ツビックローエルは全ての試験要求に正しい試験冶具を用意しています。
行先 食品試験冶具
Top