ページコンテンツへ

プラスチック試験片準備

ダウンロード
産業
  • プラスチック
アプリケーション
  • 試験片作成

良い試験は良い試験片から。

標準的な熱可塑性樹脂および熱硬化性成形試験片は、射出成形または圧縮成形によって作成されます。材料特性は、圧力、温度、流速などの生産パラメータに大きく影響されます。試験片は、ISO 2818のような機械的処理によってスラブおよびコンポーネントから取得されます。 

プラスチックの試験片準備には、ツビックローエルは以下のマシンを用意しています:

  • 手動ノッチプレーン
  • カッティングプレス
  • 自動ノッチカッティングマシン
  • プラスチックフィルムのストリップカッター
  • 自動試験片準備システム

手動ノッチプレーン

ノッチカッティングプレーンは、以下の規格に準拠したプラスチック試験片のノッチを切断するためだけに設計されています。

  • ASTM D 256
  • ASTM D 6110
  • EN ISO 179
  • EN ISO 180
  • EN ISO 8256
  • BS 7413:2002

このテーブルトップ装置はワンハンドオペレーションが特徴です。ブレードが供給され、側面のハンドホイールを介して平面が同時に移動するため、ノッチングブレードを追加で配置する必要はありません。これによりノッチカッティングプレーンの使い勝手の良いオペレーションが可能になります。

クランクが回転するたびに、ノッチ切断面が試験片マガジンの横方向の動きと交互にブレードをストロークします。安全クラッチによって、停止時のストールを防ぎます。

取り外し可能な試験片マガジンにより、4つの試験片をISO 179、ISO 180、およびASTM D256に同時にノッチし、最大5つの試験片をASTMD6110にノッチすることができます。さらに、より多くのマガジンを事前に埋める事できます;これに追加の工具や固定具は必要ありません。使用されている耐久性のあるノッチカッターには3つの刃先があり、すばやく交換できます。規格で要求されている残り幅が達成されると、ブレードは供給されなくなり、試験片を取り外すことができます。

アドバンテージ

  • 便利な操作性
  • 低い操作-荷重
  • 試験片マガジン交換可能
  • 所望幅到達後自動でストップ
  • 簡単なクリーンニング
  • アドバンスモーションとプレーンモーションのリンクにより、異なるオペレーターでも再現性が保証されます
  • シングル及びダブルノッチング

ビデオ:手動ノッチプレーン

手動ノッチングプレーンは、シャルピーまたはアイゾッドのプラスチック試験片にノッチングするために使用されます。

テクニカルデータ

アイテムナンバー0770971
規格ISO 179, ISO 180, ISO 8256, ASTM D256, ASTM D6110 及び BS 7413:2002
寸法:
高さ225mm
220mm
奥行き397mm
重量、約12.4kg
出荷時に含まれる手動ノッチカッティングプレーン, 1 x ブレード (ノッチ形状 A, 半径 0.25 mm)
  1. 要求事項:1 x 試験片マガジン

カッティングプレス

カッティングプレス

アプリケーション
機能の説明
アドバンテージ

アプリケーション

ツビックローエルのカッティングプレスは、硬度85ショアAまでの(ISO 868に準拠)のゴム、エラストマー、の軟質フォームから、プラスチックフィルムや紙の試験片作成に使用されます。

以下の試験片形状に対応:

  • 長方形試験片
  • ダンベル試験片
  • 丸棒試験片
  • 特殊試験片

ストローク終了時の指数力曲線により、ベントレバーカットプレスは、ストローク終了時にフルパワーのみを必要とする操作に理想的なツールになります。

決められたショア硬度を超えると、カッターブレードの耐用年数が大幅に短くなります; 極端な場合、損傷が生じる可能性があります。

機能の説明

カッティングプレスはブレード、ホルダー、そしてイジェクターから構成されています。ブレードは特殊鋼から作られ、1ピースが同梱されています。これにより、最適な寸法精度と安定性に加え、長寿命が保証されます。

メカニカルイジェクターはブレードに組み込まれており、目的の試験片の厚さに調整できます。カッティング操作が完了すると、完成した試験片が排出されます。これにより、オペレーターへの怪我やブレードの損傷のリスクが最小限に抑えられます。

ブレードの切れ味が失われた場合、ツビックローエルの工場で再度研ぐことができます。

アドバンテージ

  • 規格に準拠した試験片の作成
  • 手動か空圧操作、プレスタイプによる
  • 柔軟性—85 ショア A硬度までの様々な材料に使用可
  • 簡単な操作性
  • 安全な操作のためにエジェクターシステムを搭載
  • ツールの長寿命

提供可能なカッティングプレスモデル

偏心レバー付き手動カッティングプレス

  • ツビックローエル7101手動カッティングプレスは偏心レバーで操作され
  • 4つのカッティングデバイスが同時動作します。
  • また、75 x 75 mmの正方形の試験片(オプション)とともに、160 x 30 mmまでの長方形の試験片の作成にも適しています。

ベントレバー付き手動カッティングプレス

  • ZCP 020 手動カッティングプレス はベントレバーの原理を採用しています。魅力的なソリューションにより、正確で便利な省エネ操作が可能になります。ベントレバーの長さは、従来のプレスよりも開始範囲で最大30%高い切削抵抗を実現するようにデザインされました。
  • このカッティングプレスは特にオペレーターフレンドリーな設計を特徴としており、ワークベンチや実験台に設置したり、適切な頑丈な壁に最適な高さで取り付けることができます。
  • さらに、さまざまな切断刃のさまざまな高さに対応するために、圧縮ダイのシンプル、迅速、正確な高さ調整に特に重点が置かれています。

空圧式カッティングプレス

  • ツビックローエル 7108 空圧カッティングプレス より高い切断力を実現しました。
  • 標準仕様には両手操作が含まれており、安全インターロックと切断刃のリテーナが付いています。

テクニカルデータ

タイプ偏心カッティングプレス 7101ZCP 0207108
アイテムナンバー0714463898191081233
圧縮試験力152035kN
テーブルとダイの距離、max.-105 ~15593
奥行60125110mm
サポートテーブル寸法120 x 200250 x 250350 x 215mm
圧縮エアー接続--6
寸法:
奥行き330350450mm
330250550mm
高さ450540...755652mm
重量、約505575kg
  1. 1 mm ダイストローク時

自動ノッチカッティングマシン

自動ノッチカッティングマシン

アプリケーション
機能の説明
アドバンテージ

アプリケーション

ツビックローエル ZNO 2010ノッチカッティング装置は、プラスチック試験片をASTM D256、ASTM D6110、EN ISO 179、EN ISO 180およびEN ISO 8256(シャルピーおよびアイゾット試験)にノッチを入れるために使用されます。

研究によると、ノッチの寸法とその位置の精度は、測定エネルギーに影響を与えます。したがって、ノッチの精度には細心の注意を払う必要があります。

頑丈な構造と安全でシンプルかつ信頼性の高い操作により、ツビックローエルノッチカッティング装置は、あらゆるタイプのプラスチックからノッチ付き試験片を作成するための理想的なツールです。

機能の説明

ミリングカッターを使用して、試験片の片側にV字型のノッチを作成します。重要な点は、ノッチベースの半径と残った試験片の幅です。

試験片は束にまとめてクランプされ、1回の操作でノッチが付けられます。

ノッチの深さを確認するための測定デバイスがオプションで利用できます。

ノッチ操作全体は、関連するCE規制に従って実行されます。

さまざまな材料とノッチ半径に対応するさまざまなカッターが用意されており、簡単に交換できます。

アドバンテージ

  • カッティングスピードとフィードレートをステップレスで調整
  • 新しいパラメーターの迅速な設定のためのオペレーターフレンドリーなディスプレイ
  • ファインピッチスクリューアジャスターによる手動のノッチ深さ設定
  • プレキシガラス安全フード
  • クイックアクショングリップデバイスにより、試験片をすばやく簡単にクランプできます
  • 最適なノッチ加工用の単歯多結晶ダイヤモンドミリングカッター
  • 試験片冷却用の外部圧縮空気供給用の接続
  • オプション:ノッチ深さチェック用デジタル測定装置

テクニカルデータ

タイプZNO 2010
アイテムナンバー035841
治具:
直径63mm
フィードスピード70 ~500mm/min
フィード:
フィード長さ80mm
回転速度200 ~1000r.p.m
圧縮エア接続(冷却)、max.8bar
電源仕様230 / 50/60 / 2.5V/Hz/kVA
寸法 (H x W x D)430 x 640 x 440mm
重量、約45kg

プラスチックフィルムのストリップカッター

プラスチックフィルムのストリップカッター

アプリケーション
機能の説明

アプリケーション

ツビックローエルのフィルムストリップカッターは、約DIN A 4サイズのフィルムから最大10枚の短冊試験片を1回の操作でカットします。短冊試験片はフィルムの規格に準拠した引張試験のために使用されます。

機能の説明

ツビックローエルのフィルムストリップカッターはシンプルで操作性に優れています。

調整可能なダブルカッティングブレードホルダーは、オペレーターに向けて、またはオペレーターから離れての両方の操作ができます。

カット用のフィルムは、湾曲したクランプ面に引き込まれ(しわのないように)、粘着テープで装置の前後にあるクランプスロットに固定されます。カット操作は、ピボットされたフレームのハンドルを目的の方向に動かすだけで実行できます。

フィルムの最初の幅に応じて、最大10枚のストリップが1回の操作でカットされます。

ブレードは、危険の無いように、ストリップカッターの安全な操作を担保するような形式でピボットフレームに取り付けられています。

テクニカルデータ

タイププラスチックフィルムのストリップカッタープラスチックフィルムのストリップカッタープラスチックフィルムのストリップカッター
アイテムナンバー377850022316377851
装置寸法
長さ420420420mm
290290290mm
高さ220220220mm
旋回ブレードレールの高さ340340340mm
ストリップ長さ、max.230230230mm
ストリップ幅1012.715mm
カットタイプ両面両面両面
フィルム厚さ(材料による)0.002 to 0.90.002 to 0.90.002 to 0.9mm
装置塗装色RAL 7035 grayRAL 7035 grayRAL 7035 gray
常温16 ~ +3516 ~ +3516 ~ +35
湿度20% ~ 60% (結露無し)20% ~ 60% (結露無し)20% ~ 60% (結露無し)
重量、約292929kg

自動試験片準備システム

モーターX-Yテーブルを備えた10kN材料試験機は、自動試験片打抜き装置として使用されます。オペレーターは、打抜きツールとムービングクロスヘッドの周りの安全装置によって保護されています。試験片シートはモーター駆動のX-Yテーブルに置かれ、クイッククランプで固定されます。システムがスタートし、試験プログラムまたは打抜きプログラムに従って、シートの異なる位置にある試験片が打ち抜かれます。打抜きツール自体に自動カップエクストラクターが取り付けられています。

打抜かれる試験片形状は使用される打抜きツールによります。ユーザーの要求に応じて様々な打抜きツールを用意しています。打抜きツールは手動で交換します。

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB
  • プロダクトインフォメーション:プラスチックフィルムのストリップカッター PDF 218 KB
  • プロダクトインフォメーション:自動ノッチカッティングマシン PDF 2 MB
  • プロダクトインフォメーション:手動ノッチプレーン PDF 254 KB
  • プロダクトインフォメーション:カッティングプレス PDF 936 KB
Top