ページコンテンツへ

自動車エンジニアリングにおけるシートメタル成形加工性の試験

延性評価試験は薄板にとっては重要な分野です。深絞りやストレッチフォーミングなどの典型的な成形プロセスは確立された試験方法が存在します。ツビックローエルのBUP、シートメタル成型試験機 は1,000 kN迄の荷重レンジでこれらの特性値を試験しています。さらに重要でしかも複雑な試験の1つに限界絞り曲線を測定する試験があり、エンジニアが成形過程で超えてはならない限界応力を導き出すために必要となるデータです。ツビックローエルはこの分野の専門家とパートナーシップを組み、絞りプロセスのひずみの評価を測定するオプティカル測定技術を開発しています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

ホットフォーミング

  • 近年、プレスハードニング技術がホットフォーミングではますますその重要性を高めて来ており、高い安全性プラス軽量化には重要です。
  • この技術の目的は、一般的な成形技術で作られたものよりも高剛性のシートメタルを製造し、結果として使用する材料の量を減らす効果があります。
  • ほぼ全ての自動車メーカーはシャシーの構造部材(A、Bコラム、トランスミッショントンネル、フロントやリアバンパー、ドア強化材、ルーフフレーム等)を生産するのにこのようなプロセスを踏襲していると思われます。
  • 一般的な成形と比べてホットフォーミングはその性質上より複雑ですが、高強度、複雑な形状、低スプリングバック減少の部材を比較的短時間で生産できます。試験片は最終製品から切り出され、シャシーの硬度に加え引張や曲げ試験なども行います。

引張試験

引張試験

シンプルな引張り試験
r値およびn値決定のための引張試験
2軸引張り試験
211 引張試験

シンプルな引張り試験

ツビツクローエルは材料の引張試験による特性値を求めるための実に幅広い製品群を2500kNの荷重レンジまで提供しています; 当社の提供するシステムは高試験力で高精度を実現しています。

212_引張試験_r-n-値

r値およびn値決定のための引張試験

薄いシート材は時に高強度と同時に延性も求められる事があります。r値、n値は成形加工性を評価するために引張試験で求められます。n値は一様伸びまでの塑性域内での硬化を測定、r値は絞り加工を評価しています。n値は引張応力とひずみデータから求められます; r値は、試験片にかかる横ひずみも加えて計測することで求められます。

213_Biax

2軸引張り試験

2軸引張り試験2軸は材料の特性値を測定する上で代表的な試験です。この試験は主に研究開発分野で行われており、ある決められた応力下で試験片の交差点を分析します。ツビックローエルはこれら2軸試験機を顧客のリクエストに応じて提供しています。ほとんどのケースでは、ひずみ測定はオプティカルで行われます。ツビックローエルではこの種の試験では2つソリューションを提供しています。ツビックローエルは高分解能なひずみ分散を測定するソリューションをパートナーとともに開発しています。

破壊靭性試験

破壊靭性K1c試験は金属材料の特性値、特に飛行機の構造、発電所建設、さらには自動車エンジニアリングの安全上のアプリケーションとして重要視されています。破壊靭性特性値は予き裂を入れた試験片を用いて求められます。試験片は破断まで荷重を受けます。破壊靱性は荷重‐変位曲線と予亀裂の長さから求めます。

曲げ試験

3点曲げ試験は曲げ特性値を求めるだけではなく、曲げエッジのビジュアルな評価にも行われます。特に、溶接継ぎ手の挙動は試験中の観察対象です。既存の試験片ホルダーを利用して使用できる様々なオプションキットにより最適なソリューションをツビックローエルは提供しています。

ドロービード試験

この試験は、成形プロセス過程での理想的な潤滑油を決めるためディープドローツールと薄板間の摩擦係数を測定する試験であり、亀裂やしわを防ぎ、最適なディープドロープロセスを評価します。ドロービードのユニットは標準的な試験機に簡単に取り付けられます。この試験では、 典型的な寸法の薄板試験片(300 mm x 30 mm x 2 mm) 上部試験片グリップでしっかりとクランプし、ドロービードツールを押し付けます。試験片はその後ドロービードツール間を引張られます。この一連のプロセスは自動で何度も繰返し行われます。ドロービードツールのクランプ力はデジタルに制御され、正確で再現性の高い試験を保証します。ツールは他の試験のために簡単に交換可能です。

高速引張試験

高歪み速度下における材料特性は主に自動車関連業界において非常に重要となっています。自動車事故などでは、使用されている材料が高速で変形を起こすため、車体などにはこれらの特性を十分踏まえた設計が必要です。ツビックローエルのHTMシリーズの高速引張試験機を使う事で高速引張試験に必要な材料特性値を求めることができます。このシリーズの油圧サーボ試験機では160 kNまでの荷重で20 m/sを実現しました。

スモールプレート曲げ試験

スモールプレート曲げ試験では自動車ボディーパネルシートの曲げ角度を求め、変形挙動や、金属材料のクラッシュ時などの損傷しやすさを測定しています。これらの試験は3、4点曲げ試験で行う事ができます。 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top