ページコンテンツへ

ピールおよびブリスター包装およびプラスチック包装材料の試験

寸法安定性または硬質包装をはがすことができるかどうかは、材料の組み合わせ、機械のパラメーター、および密封された継ぎ目と引き裂かれた形状によって決まります。最も重要な値は亀裂力ですが、シーリングの規則性も重要です。剥離力は特別な剥離試験冶具で試験することができます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

ブリスター包装の剥離試験

剥離試験冶具は、寸法安定性または剛性包装から蓋または封止材料を剥離することによって包装の封止された継ぎ目を試験するように設計されています。この冶具にはブリスター包装を固定するための様々なグリップユニットが付いています。試験中、蓋の最大90%まで剥がしていきます。スクリュークランプの最大開口幅は2 mmで、最大300 Nの掴み力に適しています。

コンタクトレンズ用一次包装の剥離試験用試験冶具

寸法安定性または硬質包装(例えば、コンタクトレンズ用の単一ブリスターパック)から蓋または封止材料を剥がすことによる可剥性包装の密封シームの試験。フィルムとプラスチックブリスターとの間の接着剤結合の引張強度を測定します。 

試験冶具はフィルムを定位置に保持するための押さえ装置を備えています。スプリングクランプを使用してシール材を剥がします、
ここでは、蓋の最大90%が剥がされます。 

シール強さの試験

引張試験は、剥離角90°の幅15mmのストリップに対して行われる。このシールは、使用される包装材料の種類に応じて、一定の剛性が担保されなくてはなりません。

ブリスター包装の押し出し試験

この試験冶具は、錠剤や他の医療製品などのブリスター内容物の押し出し力を試験します。押し出された残りは、圧縮プラテンの排出シュートを通ってパックから落ちます。押し出し試験の前に、レーザーポインターが試験片上のダイ位置を照らし、試験片の位置合わせを容易にしてくれます。球状レーザーポインターダイは、他の押し出し試験の試験片の位置決めにも使用できます。ステンレス製圧縮ダイは最大30 Nの力で設計されています。

錠剤試験用の圧縮試験冶具

試験冶具は、同一の上部および下部試験片グリップで構成されています。錠剤を試験面上に置き、そして横方向の、圧縮ばね負荷クランピングシートによって固定されます。圧縮試験冶具には、最大100Nと2.5kN(腸溶性錠剤用)の2つのバージョンがあります。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top